• 『天然生活』誌上に、2012年11月号から2014年3月号まで掲載された、人気連載「松田美智子の季節の仕事」。その中から、「黒豆」を取り上げた記事を紹介します。今回は、ゆでた黒豆を使って「ソーダブレッド」をつくります。
    (『天然生活』2013年1月号掲載)

    豆は上菓子の扱いで。  松田美智子

    黒豆入りソーダブレッド

    ゆでた黒豆を使って

    さっくり&もっちり焼き上がったソーダブレッドの生地の中に隠れている、ほっくり香ばしい黒豆が、絶妙のアクセント。

    材料(直径19cmのパイ皿1台分)

    • 薄力粉 230g
    • コーンフラワー 20g
    • ベーキングパウダー 大さじ1
    • ゆでた黒豆 1/2カップ
    • A
      • 牛乳(常温) 170ml
      • プレーンヨーグルト 80ml
      • 砂糖 大さじ1
      • 塩 小さじ1/2
      • バター 適量
      • 薄力粉 適量

    つくり方

    1. 粉類をボウルにふるい入れ、ゆでた黒豆も加える。よく混ぜたAを加え、ゴムべらでさっくりと切るように混ぜる。
    2. パイ皿にバター(分量外)を薄くぬり、薄力粉(分量外)を茶こしを通して薄くふる。1の生地を流し入れ、上にも茶こしを通して薄力粉をふる。170℃に熱したオーブンで20~30分焼く。竹串を刺して何もつかなければ焼き上がり。
    3. 手でさっくりと割って盛り、好みで、バター、クリームチーズ、ジャムなどを添えて食べる。


    <料理/松田美智子 撮影/川村 隆 取材・文/小松宏子>

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった四季の保存食づくりをベースに、現代の生活でも無理なくできる、季節の食の楽しみを提案。

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    This article is a sponsored article by
    ''.