• 食事と一緒に楽しむ日本酒はどの銘柄を選びますか? 今回プレゼントする日本酒、室町酒造の純米吟醸酒「佐近」は、岡山県が誇る酒米と名水で醸され、白ワインに似た甘い香りとコクが絶品です。是非、味わってみませんか? 当選人数4名様。応募締め切りは2020年4月4日(日)です。

    “幻の酒米”と名水から生まれた、芳醇な香りと味わい深さ

    日本酒は、料理にあわせて選ぶとより楽しみが深まります。でも、日本酒は銘柄が多すぎて、何をどう選んだらいいか迷ってしまいますよね。そこで今回は、芳醇な香りで魚料理とよく合う室町酒造の純米吟醸酒「佐近(さこん)」をプレゼントしますので、白身魚と一緒にぜひお愉しみください。

    「佐近」は、酒米として高い評価を受ける岡山県産の「雄町米」と、同じく岡山の名水「雄町の冷泉」で醸された純米吟醸酒で、白ワインのような甘い香りと深みのある味わいが特徴です。

    ボトルやラベルのデザインもワインを思わせる洗練されたもの。ワイングラスに注げば、食卓を華やかに演出してくれます。

    画像: “幻の酒米”と名水から生まれた、芳醇な香りと味わい深さ

    「雄町米」は酒米としてよく知られる「山田錦」や「五百万石」のルーツで、芳醇でコクのある美酒を生む優れた酒米。しかし、栽培が難しいことから一時は生産量が激減し、“幻の酒米”と呼ばれていました。

    そこで立ち上がったのが、1688年創業の岡山の蔵元、室町酒造です。「地酒は地元の米と水を使って造るからこそ個性が生れる」という信念を元に、栽培の復活に尽力しました。

    「佐近」は魚料理が大好きという方にうってつけ。「おいしい日本酒を知りたい!」という方もぜひ味わってみてください。

    当選人数4名様。応募締め切りは2020年4月5日(日)です。

    多数のご応募、お待ちしております。

    応募は締め切りました

    (問)室町酒造株式会社 086-955-0029


    This article is a sponsored article by
    ''.