• 健康に気づかうなら、真っ先に見直したいのが毎日のシューズ。そこで今回は、日本の地下足袋を進化させた、おしゃれで機能的なコンフォートシューズ「たびりら」をプレゼントします。歩くだけで足の指がのび、血行促進が期待できそう。素材や染めにこだわり、熟練の職人が手作業でつくる品質の高さも魅力です。
    当選人数3名様。応募締め切りは2020年5月16日(日)です。

    足元の健康をおしゃれに叶える、足袋型シューズ

    足は健康にとって大切な場所だから、毎日はく靴は足にやさしいものを選びたいですよね。そこで、今回プレゼントするのは、岡山・倉敷の老舗地下足袋メーカー「丸五」が提案する、足袋型コンフォートシューズ「たびりら」です。

    地下足袋のように、足先が分かれているのが大きな特徴です。歩くと足の指がしっかりと伸びるから、足の血行がよくなるのだとか。足の裏に地面の感触がよく伝わるので、はだしで歩いているような爽快感も味わえます。

    画像: 「凪」は、瀬戸内海の朝を模したシックな紺色

    「凪」は、瀬戸内海の朝を模したシックな紺色

    画像: 「うろこ雲」は、秋の空に浮かぶうろこ雲を、白地に金の手描き風の水玉模様で表現

    「うろこ雲」は、秋の空に浮かぶうろこ雲を、白地に金の手描き風の水玉模様で表現

    画像: 「烏城(うじょう)」は、岡山城をイメージした深みのあるブラック

    「烏城(うじょう)」は、岡山城をイメージした深みのあるブラック

    また、見た目や素材にこだわっているのも「たびりら」の魅力で、素材には老舗メーカーの国産帆布が使われ、染めはデニムの聖地、倉敷・児島で施されています。はき込むほどに独自の風合いが増していくから、育てる楽しみもあります。

    画像: 生地には特殊な織り方が採用され、さらっと心地よい肌当たり

    生地には特殊な織り方が採用され、さらっと心地よい肌当たり

    画像: 丸五は創立100年を誇る老舗。“のこぎり屋根”の工場は今も創立当時のまま

    丸五は創立100年を誇る老舗。“のこぎり屋根”の工場は今も創立当時のまま

    画像: 伝統の技を受け継いだ熟練の職人たちが、丁寧な手仕事でつくりあげる

    伝統の技を受け継いだ熟練の職人たちが、丁寧な手仕事でつくりあげる

    瀬戸内海の自然をイメージしたカラーリングや柄も素敵で、休日のお出かけや通勤のほか、オフィスでの室内ばきや旅先のセカンドシューズなど、さまざまなシーンで活躍してくれます。

    軽量なうえに、踵部分を折りたたんでコンパクトにしまうことができるから、「バッグにしのばせて、さっとはき替える」そんな使い方もできて便利。どんな場所でも、足元をおしゃれに、快適にしてくれる頼れる一足です。

    *応募の際は、色とサイズをお選びいただけます。
    *当選は各カラー1名となります。
    *サイズは22cm~28cm(0.5cm刻みで、27.5cmのみ用意がございません)。
    *「うろこ雲」のサイズは22cm~25cm(0.5cm刻み)になります。

    当選人数3名様。応募締め切りは2020年5月16日(月)です。

    多数のご応募、お待ちしております。

    応募は締め切りました

    (問)株式会社丸五 
    086-428-0230(代表)


    This article is a sponsored article by
    ''.