• 果実酒や果実酢づくりに欠かせないのが氷砂糖。そこで今回は、老舗メーカー、中日本氷糖株式会社の「ロック 氷砂糖(国産原料100%)」をプレゼントします。昔ながらの製法でつくられるロックタイプは、溶けが早く“漬け仕事”にうってつけ。さらに、果実酢づくりに重宝するWECKの保存瓶もあわせてプレゼントします。
    当選人数5名様。応募締め切りは2020年8月23日(日)です。

    果実の“漬け仕事”に最適な、氷砂糖の原点

    氷砂糖は上白糖やグラニュー糖と同じ原料でできていますが、砂糖の中で最も純度が高く、果実を漬けるのにぴったり。そんな氷砂糖に、2種類あるのはご存じですか?

    ひとつは「氷砂糖の王様」とも称される「ロックタイプ」で、約2週間かけて自然に結晶化させる、昔ながらの製法でつくられたもの。岩のようなゴツゴツとした形状で、結晶の粒が大きく、大きさにばらつきがあります。

    もうひとつの「クリスタルタイプ」は、機械的な処理で結晶化を促すため3~4日と短期間で結晶化でき、結晶の粒の形状や大きさが揃っているのが特徴です。生産の手間が少なく早く生産できるのはクリスタルですが、ロックのほうがクリスタルよりも溶けやすく、果実を漬けるのにより最適です。

    今回プレゼントする「ロック 氷砂糖」(1kg)は、ロックタイプの氷砂糖づくりに力を注ぐ老舗特殊糖メーカー、中日本氷糖の人気商品。養老山地の伏流水を使い、北海道のてんさい糖からつくった大粒の氷砂糖です。

    画像1: 果実の“漬け仕事”に最適な、氷砂糖の原点

    日本で氷砂糖の製造が本格的に始まったのは明治に入ってからといわれており、中日本氷糖は時を同じくして、氷砂糖づくりをスタート。その販売量は、日本の氷砂糖のシェアの約5割を占めています。中日本氷糖では、自然保護に取り組むほか、「氷砂糖資料館」を開設し、氷砂糖の歴史を後世へ伝えることにも尽力しています。

    今回は、丸みが愛らしいWECKの保存瓶「チューリップシェイプ」をあわせてプレゼント。1リットルサイズで、フルーツシロップやフルーツビネガーづくりに役立ちます。

    画像2: 果実の“漬け仕事”に最適な、氷砂糖の原点

    旬の果物を使った“漬け仕事”は、季節の訪れを喜びながら一年中楽しめる家仕事。「ロック 氷砂糖」とWECKの保存瓶を相棒に、ぜひ満喫してくださいね。

    当選人数5名様。応募締め切りは2020年8月23日(日)です。

    多数のご応募、お待ちしております。

    応募は締め切りました


    Instagram「氷砂糖レシピ開発キャンペーン」も開催中です

    中日本氷糖では、氷砂糖をつかったレシピを募集するキャンペーンも実施中です。

    Instagramで、中日本氷糖の公式アカウント @nakanipponhyoto をフォローして、氷砂糖を使用したシロップ、酒、ビネガー漬け、料理などの写真を、中日本氷糖公式アカウントをタグ付け、もしくは@メンションをつけ、「#氷砂糖」「#氷砂糖レシピ開発キャンペーン」の2つのハッシュタグをつけて投稿いただいた方の中から、5名の方に5,000円分のJCBギフトカードが当たります。

    こちらの開催期間は、2020年7月22日~2020年8月31です。

    商品についてのお問い合わせ先
    (問)中日本氷糖株式会社 052-661-0111(代表)


    This article is a sponsored article by
    ''.