• 削りたての鰹ぶしの香りや味は格別。でも、「鰹ぶし削り器は重たくて大きく、扱いも大変」というイメージがありますよね。そこで今回は、刃物メーカーの貝印がつくった、カバーと受け皿が樹脂製の「鰹ぶし削り器(カバー付き)」をプレゼントします。受け皿は食器洗い乾燥機に対応するなど、使いやすさの工夫が随所に施された逸品です。
    当選人数1名様。応募締め切りは2020年11月29日(日)です。

    鰹ぶしの手削りが習慣づく、使い勝手抜群の「鰹ぶし削り器」

    貝印の「鰹ぶし削り器(カバー付き)」は、カンナ部分は木製ですが、受け皿とカバーに樹脂が使われていて、とても軽量でコンパクト。受け皿やカバーは水洗いでき、清潔に保てるのもいいところです。受け皿は食器洗い乾燥機にも対応し、お手入れも簡単。

    画像1: 鰹ぶしの手削りが習慣づく、使い勝手抜群の「鰹ぶし削り器」

    透明の受け皿は、横から覗くだけで削り具合が確認できて便利。また、カンナを外さなくても、受け皿の口から削った鰹ぶしを取り出すことができたり、カンナの刃を調節すれば鰹ぶしの厚みを変えることもできます。

    画像2: 鰹ぶしの手削りが習慣づく、使い勝手抜群の「鰹ぶし削り器」

    カバーをつけた状態で419gと軽量で、使いたいときにさっと取り出せるから、毎日のように使いたくなるはず。コンパクト設計で、収納場所にも困りません。

    画像3: 鰹ぶしの手削りが習慣づく、使い勝手抜群の「鰹ぶし削り器」

    国内外から高い評価を得る刃物メーカー、貝印の製品だけに、上質な刃で鰹ぶしが気持ちよく削れます。

    画像4: 鰹ぶしの手削りが習慣づく、使い勝手抜群の「鰹ぶし削り器」

    取扱説明書には鰹ぶしの削り方が載っていて、初めての方も気軽に使えます。
    手削りがぐっと身近になれば、料理やお味噌汁の味が格段にアップ。スタイリッシュなデザインも嬉しく、キッチンを彩る名脇役になってくれるはず。

    当選人数1名様。応募締め切りは2020年11月29日(日)です。

    多数のご応募、お待ちしております。

    応募は締め切りました

    商品についてのお問い合わせ先
    貝印株式会社 0120-016-410(お客様相談室)


    This article is a sponsored article by
    ''.