• 卓上で食材を切り分けて、そのままプレートとして使えるカッティングボードは、便利で食卓を華やかにするアイテム。そこで今回は、2種類の天然木を使ったデザインが素敵なKEYUCA(ケユカ)の「ECOZAI カッティングボード」をプレゼントします。家具の生産過程で出る端材が使われた、環境にやさしい点も注目です。
    当選人数3名様。応募締め切りは2021年3月21日(日)です。

    おもてなしにも普段使いにもいい、ほどよいサイズ感

    食材をカットするまな板としての役目はもちろん、ハムやチーズなどのおつまみ、前菜やパンなどを盛り付けるプレートとしても活躍してくれるカッティングボード。食卓を華やかに演出してくれるだけでなく、切り分けてそのままサーブできるから、洗い物も減らせて便利です。

    そこで今回は、家具の制作時に出る端材が使われた「KEYUCA(ケユカ)の「ECOZAI カッティングボード」をプレゼントします。オークとウォールナットの2種類の木材を組み合わせた、洗練されたデザインが目を引きます。

    画像: 発売当初から、入荷するとすぐに売り切れてしまうほどの人気商品

    発売当初から、入荷するとすぐに売り切れてしまうほどの人気商品

    サイズは幅が約29cm、奥行きが約20cmと、使い勝手のいい大きさ(天然木のため多少の個体差があります)。おつまみを何種類か並べたり、パンをカットしてジャム類とサーブするときも、余裕を持たせて配置でき、ゲストを招いておもてなしするときにも大活躍してくれそうです。

    「KEYUCA」は、注文を受けてから職人がひとつひとつ丁寧につくりあげるオーダー家具を手掛けていますが、それは環境や人への配慮から。大量生産、大量消費をよしとせず、愛着を持って長く家具とつきあえることが環境を守り、またそれぞれの生活に合った家具を使うことで人が気持ちよく暮らせるようにという想いがあります。

    そんなオーダー家具のひとつが、良質な無垢材を使用した「バリタダイニングテーブル」。その生産過程から出る端材が、このカッティングボードに使われています。

    画像: 「KEYUCA」の家具を製作する岡山の家具メーカーで、普通なら捨てられてしまう端材に、新しい命が吹き込まれます

    「KEYUCA」の家具を製作する岡山の家具メーカーで、普通なら捨てられてしまう端材に、新しい命が吹き込まれます

    資源を無駄にしないという取り組みの元つくられた「ECOZAI カッティングボード」。環境と人を思いやる商品は、ハレの日もケの日も、暮らしにぴたりと寄り添ってくれそうです。

    当選人数3名様。応募締め切りは2021年3月21日(日)です。

    多数のご応募、お待ちしております。

    応募は締め切りました

    商品についてのお問い合わせ先
    ケユカ 銀座店 03-5159-2191



    This article is a sponsored article by
    ''.