• 料理家の松田美智子さんに真だことじゃがいものバターガーリックソテーのつくり方を教えていただきました。ニンニクとバターの風味とたこのうま味がジャガイモにしみて相性抜群です。

    真だことじゃがいものバターガーリックソテーのつくり方

    画像: 真だことじゃがいものバターガーリックソテーのつくり方

    たこのぷりぷり触感とジャガイモのホクホクな歯ごたえが絶妙です。

    材料(2人分)

    ● じゃがいも(メークイーン)1個(250g)
    ● A
    ・ にんにくスライス小さじ1
    ・ バター 大さじ2
    ● 真だこの脚1本
    ● 白ワイン1/4カップ
    ● ナンプラー大さじ1
    ● B
    ・ 塩少々
    ・ 白胡椒少々
    ● イタリアンパセリ(ざく切り)適宜
    ● レモン1/4個
    ● カイエンペッパー適宜

    つくり方

     じゃがいもは、5mm厚さに切り、1cm幅×4cm長さに切る。水に15分晒し、ペーパータオルで水気をおさえる。真だこは小さめの薄切りにする。

     フライパンにAを合わせて中火にかけ、炒める。香味が立ったら、じゃがいもを加えて炒め、透き通ってきたら真だこを加えて炒める。白ワインを加え強火でさっと炒め、ナンプラーで味をととのえ、Bをふる。器に盛り、イタリアンパセリをあしらう。最後にレモンを絞り、カイエンペッパーを振る。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方
    画像3: つくり方
    画像4: つくり方
    画像5: つくり方
    画像6: つくり方

    ※メークイーンは、かために仕上げると真だこの食感と違いが出て、おいしい。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像7: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)



    This article is a sponsored article by
    ''.