• 料理家の松田美智子さんに豚肩ロースと新じゃがの煮物のつくり方を教えていただきました。しっかり味のしみこんだ煮物は甘辛い味付けでご飯が進みます。豚肩ロースとじゃがいもを煮たら、一度常温になるまで置き、再度加熱してからしょうゆを加えると、味が深く入ります。

    豚肩ロースと新じゃがの煮物のつくり方

    画像: 豚肩ロースと新じゃがの煮物のつくり方

    甘辛く煮た、豚肩ロースとじゃがいもの煮物。

    しその葉を一緒にサッパリ食べるのがおすすめです。

    材料(つくりやすい分量)

    ● 豚肩ロース厚切り肉2枚
    ● 新じゃがいも300g
    ● ごま油大さじ1
    ● A
    ・生姜のせん切り大さじ1
    ・赤唐辛子1cm大
    ・三温糖大さじ1と1/2
    ● B
    ・酒大さじ2
    ・水2カップ
    ● しょうゆ大さじ1と1/2~大さじ2
    ● 大葉5枚

    つくり方

     豚肩ロースは、大きめのひと口大に切る。じゃがいもは、皮ごとよく洗い、大きめのひと口大に切り、面取りする。大葉は洗って、5枚を重ねてくるくると巻き、包丁で細いせん切りにして、水に放ち、水気を絞った後、手でちぎる。

    画像1: つくり方

     土鍋、または、厚手の鍋にごま油を熱し、を入れ、豚肩ロースの全面を焼き付ける。じゃがいもを加えさっと炒め、三温糖を加える。

    画像2: つくり方
    画像3: つくり方

     照りが出てきたら、を加え一度煮立て、アクと脂をすくい、蓋をして15分煮る。味をみて、しょうゆを加え、蓋をせずに2〜3分煮る。

    画像4: つくり方

     器に盛り、の大葉をあしらう。

    ※ 手順で、しょうゆを加える前に、できれば一度、室温になるまで置き、再度加熱してしょうゆを加えると味が深く入る。



    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像5: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇
    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    おいしいもの,レシピ,連載,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.