• 鳥取県は、実は多くの個性豊かな窯元が集結する器の名産地。今回は、そんな鳥取県の窯元の中から、地元産の陶土と釉薬にこだわり、「用の美」を重視した器をつくる「延興寺窯(えんごうじがま)」のお皿をプレゼントします。瑠璃色の釉薬が美しく、どんな料理も映える使い勝手のいいお皿です。
    当選人数3名様。応募締め切りは2021年10月3日(日)です。

    地元産の原料を生かしてつくる、生活を潤す器

    延興寺窯(えんごうじがま)は、自然豊かな農村地帯、鳥取県の岩美町延興寺にある窯元。仕事場は、山と田んぼに囲まれた、日本の原風景ともいえる景観の中に佇みます。

    延興寺窯の山下清志さんは、民藝運動の主要メンバーである河井寛次郎に師事した陶芸家・生田和孝氏の元で学びました。その後、兄弟で地元に古くからある浦富焼を再興し、1979年に独立し開窯。現在は、娘の裕代さんとともに作陶しています。

    画像: 周りには、美しい田園風景が広がる

    周りには、美しい田園風景が広がる

    画像: 登り窯で窯焚きをする清志さん。器には、薪窯ならではの独特の表情が生まれる

    登り窯で窯焚きをする清志さん。器には、薪窯ならではの独特の表情が生まれる

    延興寺窯では、材料となる陶土や釉薬を地元で採れるものにこだわって作陶。籾灰や黒石(泥岩)を使った独自の釉薬は、白、黒、瑠璃などがあり、どれも自然で落ち着いた色合いです。

    「用の美」を重視した、無駄のないすっきりとした造形も、延興寺窯の特徴。そんなシンプルな形に、独自の釉薬が深みを持たせた器は、和洋中どんな料理とも相性がよく、毎日の暮らしにしっくりと馴染みます。

    画像: 今回のプレゼント「瑠璃釉楕円皿」。瑠璃の釉薬が美しく、温かみのある風合い

    今回のプレゼント「瑠璃釉楕円皿」。瑠璃の釉薬が美しく、温かみのある風合い

    画像: 深さがあり、汁気の多いおかずにも使いやすい

    深さがあり、汁気の多いおかずにも使いやすい

    画像: 古作を観察して普遍的な美を読み取り、器の形に生かしているという清志さん

    古作を観察して普遍的な美を読み取り、器の形に生かしているという清志さん

    画像: ろくろで成形された器は、手仕事の温かみを感じる

    ろくろで成形された器は、手仕事の温かみを感じる

    画像: 娘の裕代さんは、沖縄県読谷村にある北窯の松田共司氏に師事した後、延興寺に戻り、清志さんとともに作陶に励んでいる

    娘の裕代さんは、沖縄県読谷村にある北窯の松田共司氏に師事した後、延興寺に戻り、清志さんとともに作陶に励んでいる

    手に持ったときの収まりのよさも魅力の延興寺窯の器。気取りのない、心温まるやさしい器で、毎日の食卓をぜひ彩ってみてください。

    器のサイズ:長径22cm×短径20.5cm×深さ5cm
    ※手仕事の物なので、色味やサイズには個体差があります。

    当選人数3名様。応募締め切りは2021年10月3日(日)です。

    多数のご応募、お待ちしております。

    募集は終了しました

    商品についてのお問い合わせ先
    延興寺窯 0857-73-1219



    This article is a sponsored article by
    ''.