• 料理家の松田美智子さんにサーモンバーグのつくり方を教えていただきました。鮭の旨味と脂をじゃがいもが吸って美味しいハンバーグです。じゃがいものごろごろとした食感とジューシーなサーモンの柔らかい食感を同時に楽しめます。

    サーモンバーグのつくり方

    画像: サーモンバーグのつくり方

    サーモンの脂の甘さとクレソンの程よい辛味が絶妙にマッチする。

    材料(つくりやすい分量)

    ● アトランティックサーモンの切り身2切れ
    ● A
    ・ 玉ねぎ(みじん切り)1/2カップ
    ・ じゃがいも(水にさらし、さっとゆで、5mm角に切る)1/2カップ
    ・ ナチョラルチーズ(ちぎる)1枚
    ・ サワークリーム大さじ2
    ・ 生パン粉大さじ2
    ・ 塩、白こしょう各少々
    ● 薄力粉適宜
    ● オリーブオイル大さじ2
    ● クレソン適宜
    画像: 材料(つくりやすい分量)

    つくり方

     サーモンの骨を除き、スプーンで身をかき出す。ボールにAと合わせよく混ぜ2つのバーグ形にまとめる。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方
    画像3: つくり方
    画像4: つくり方

     薄力粉を茶こしで全体に振る。フライパンでオリーブオイルを熱し、サーモンバーグをのせる。

    画像5: つくり方

     ふたをして2〜3分焼き、上下を返し、ふたをしてさらに焼く。器に盛り、クレソンを添える。

    画像6: つくり方
    画像7: つくり方

    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像8: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)



    This article is a sponsored article by
    ''.