• 料理家の松田美智子さんに焼きしめじのバター煮のつくり方を教えていただきました。しめじのうま味とバターのコクがたっぷりの煮物は、材料も少なくシンプルにつくれる料理です。しめじを下ごしらえしておけば、調理の手間がぐっと減ります。

    しめじの下ごしらえの仕方

    しめじは多めに手に入れて下ごしらえしておけば、かさが減って場所もとらないだけでなく、さまざまな料理にアレンジができて便利です。

    材料(つくりやすい分量)

    画像1: 材料(つくりやすい分量)
    ● しめじ5パック
    ● オリーブオイル大さじ2
    ● 塩少々

    つくり方

     しめじは石づきを切り落とし、汚れが気になるところは洗わずにペーパータオルなどで除く。手でさいて小房に分ける。天板に均等に並べる。

    画像1: つくり方

     に軽く塩をふり、オリーブオイルをかける。200℃に予熱したオーブンで10分焼く。

    画像2: つくり方
    画像3: つくり方
    画像4: つくり方

    ※焼くとオリーブオイルにより余分な水分がぬけて、味が入りやすい。

    ※冷蔵庫で3、4日保存可能。

    焼きしめじのバター煮のつくり方

    画像: 焼きしめじのバター煮のつくり方

    だしが効いたスープは、ごはんを入れて洋風のお茶漬けにしても美味。今回は梅昆布をプラスしましたが、別のものに代えて好みのアレンジを楽しんでもよいです。

    材料(つくりやすい分量)

    画像2: 材料(つくりやすい分量)
    ● 下ごしらえしたしめじ2カップ
    ● チキンスープ1カップ
    ● 白ワイン大さじ2
    ● バター(有塩)大さじ2
    ● 塩、白こしょう各少々
    ● 塩昆布(細切り)少々
    ● 白ごま大さじ1

    つくり方

     鍋にチキンスープを入れ、煮立てる。白ワインとしめじ、バターを加え、コトコト煮る。

    画像5: つくり方
    画像6: つくり方

     煮汁が少なくなってきたら、スープの味をみながら塩、こしょうでととのえる。器に盛り、最後に塩昆布、白ごまをふる。

    画像7: つくり方

    ※塩昆布の代わりに梅干しなど別の塩分のあるものをのせてもおすすめ。

    しめじのこと

    画像1: しめじのこと

    「しめじ」は、秋が旬のきのこのなかでも、食卓に身近なきのこです。「ぶなしめじ」と「本しめじ」に分かれますが、年中店頭に出回り、一般的に活用されている「ぶなしめじ」は、くせが少なくうま味が豊富なため、炒めものや汁ものなど、さまざまな料理に活用されています。

    ぶなしめじは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDナイアシンカリウムなどを多く含みます。また食物繊維も豊富なので、便秘の解消などに役立ちます。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像2: しめじのこと

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.