• 料理研究家の松田美智子さんに牛肉切り落としと玉ねぎのウスターソース炒めのつくり方を教えていただきました。実は、このレシピは松田さんが中学生のころに考案したもの。簡単でおいしい、子どもも大人も大好きな一品です。

    牛肉切り落としと玉ねぎのウスターソース炒めのつくり方

    画像: 牛肉切り落としと玉ねぎのウスターソース炒めのつくり方

    玉ねぎを後から加えて食感を残すのがポイント。黒こしょうをきかせると大人の味に。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● 牛肉切り落とし250g
    ● 塩少々
    ● 白こしょう少々
    ● にんにく(スライス)小さじ1
    ● オリーブオイル大さじ1
    ● 玉ねぎ1/2個
    ● 白ワイン大さじ2
    ● ウスターソース大さじ1と1/2
    ● しょうゆ大さじ1
    ● 黒粒こしょう少々

    ※ウスターソースは、「リーペリンウスターソース」がおすすめ。ほかののウスターソースを使う場合は、赤ワイン少々、しょうゆをウスターソースに加えて調味して使うとよい。

    つくり方

     ペーパータオルに黒粒こしょうをはさんで肉たたきで叩き、割りこしょうをつくる。

    画像1: つくり方

     玉ねぎは斜めに包丁を入れ厚めのくし切りにし、ほぐしておく。

    画像2: つくり方

     牛肉は大きめに切り、塩、白こしょうをふる。

    画像3: つくり方

     フライパンにオリーブオイルとにんにくを合わせ、なじんだら中火で香味が立つまで炒める。

    画像4: つくり方

     牛肉を加え色が変わってきたら、白ワイン、ウスターソースを加える。

    画像5: つくり方

     玉ねぎをほぐして加え、さっと炒め、鍋肌からしょうゆを回しかける。

    画像6: つくり方

     器に盛り、をかける。

    画像7: つくり方

    牛肉切り落としのこと

    画像1: 牛肉切り落としのこと

    「切り落とし」は肉の形を整えるときに残った部分を集めたもので、手頃な価格で販売されています。形は揃っていないけれど厚みは同じなので、料理に使いやすい食材。

    「もも切り落とし」「肩ロース切り落とし」など部位ごとに販売していることもありますが、さまざまな部位を合わせていることもあります。できるだけ脂が少ない赤身を選ぶといいでしょう。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司 取材・文/村上有希〉

    画像2: 牛肉切り落としのこと

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    本誌プレゼントへのご応募はこちら

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.