• 料理研究家の松田美智子さんに鶏もも肉の重石焼きのつくり方を教えていただきました。鶏肉のおいしさが詰まったシンプルな一品です。

    鶏もも肉のこと

    画像: 鶏もも肉のこと

    鶏のももから足にかけた部分。筋肉が多く、かみごたえがあり、鶏肉特有のおいしさがあります。また、鶏もものおいしさのひとつが皮。

    ただし、身と皮の間に脂があるのできれいに取り除きましょう。筋肉の多い部位なので筋も多いことも特徴。どこに筋があって、どこが脂なのかを知れば、簡単に取り除けます。

    鶏もも肉の重石焼きのつくり方

    画像: 鶏もも肉の重石焼きのつくり方

    パリパリの皮がおいしさの決め手。皮が縮まないように皮目にしっかりと穴を開けるのがポイントです。

    材料(2人分)

    画像: 材料(2人分)
    ● 鶏もも肉1枚
    ● A
    ・ にんにく(すりおろし)小さじ1/2
    ・ オリーブオイル大さじ1
    ・ 塩小さじ1
    ・ 白こしょう少々
    ● ローズマリー適量
    ● 薄力粉適量
    ● オリーブオイル大さじ1
    ● レモン適宜

    つくり方

     鶏もも肉は、余分な脂をていねいに取る。手のひらで表面を触りながら、身の厚いところは切り込みを入れ開く。裏返し、皮が縮まないように皮目に金串で細かく穴を開ける。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方

     の鶏肉をバットに広げ、身のほうに、合わせたAをすり込む。ローズマリーをのせて10〜15分マリネする。水けを押さえ、両面に薄力粉をふる。

    画像3: つくり方

     土鍋もしくは厚手の鍋にオリーブオイルを入れて熱する。の鶏肉を、皮目を下面にして鍋に入れ、で使用したローズマリーをのせる。ベーコンプレスまたは重石をのせて、ふたをして中火で焼く。(ひとまわり小さい鍋に水を張って重石にしてもよい)出た余分な脂はペーパータオルで吸い取る。

    画像4: つくり方
    画像5: つくり方

     皮がしっかり焼けたら、上下を返す。返してからはふたをせずに焼く。裏面は焼きすぎないよう2〜3分程度焼く。

    画像6: つくり方
    画像7: つくり方

     器に盛り、レモンを添える。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司 取材・文/村上有希〉

    画像8: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    本誌プレゼントへのご応募はこちら

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.