• 自分らしくおしゃれを楽しむ方々は、どんなクローゼットなのでしょう? 春夏秋冬の装いから、洋服のしまい方まで、その中身を拝見してみました。今回は、インテリアコーディネーター・小林夕里子さんのクローゼットを紹介します。
    (『天然生活』2015年10月号掲載)

    小林さんのクローゼット

    画像: ハンガーにかけるものは丈が短いものに限定。残りの空間には浅型収納ケースを積み上げる。手に取りやすい引き出しには、いまの季節のものを。衣替えは、引き出しの場所を入れ換えるだけ

    ハンガーにかけるものは丈が短いものに限定。残りの空間には浅型収納ケースを積み上げる。手に取りやすい引き出しには、いまの季節のものを。衣替えは、引き出しの場所を入れ換えるだけ

    画像: やや厚手のアウターや丈長の薄いコートは、クローゼット脇のラックに。厚手コートはクリーニング店の保管サービスへ

    やや厚手のアウターや丈長の薄いコートは、クローゼット脇のラックに。厚手コートはクリーニング店の保管サービスへ

    画像: パンツ類はたたんで収納すると折りじわがつき、なかなかアイロンでも取れない。通販で買ったパンツハンガーを活用

    パンツ類はたたんで収納すると折りじわがつき、なかなかアイロンでも取れない。通販で買ったパンツハンガーを活用

    たたんで詰めて、好きなものはぎっしりと

    洋服は多いとは思っていましたが、改めて数えてびっくりしました。とくにニットは、なんと約60枚。しかもシルエットまで似て、首がほどよく詰まったクルーネックばかり。

    けれど、その微妙な首まわりの開き具合が大切で、それぞれが手放せない一枚です。

    とはいえ、小林さんのクローゼットは両手を広げた幅ほどのごく一般的なサイズ。どのように大量の服が入っているかといえば、 “完璧なシステム化” 。

    多くのものをかけて収納するのは、たしかに楽。しかし、それではクローゼットの幅がいくらあっても足りません。

    「アイロンが必要なものは、たたみじわを避け、かけて収納」といいますが、小林さんは逆の発想。

    「アイロンをかけられるものなら、キュッとたたんで、引き出しに詰めるように立てて収納します。着る前にアイロンをかければいいですから。アイロンがけが大好きなので、手間にはならないんです」

    これだけで、収納力は格段にアップ。けれど、ストレスを感じるような無理はせず、たたむとしわが取れにくいパンツ類は、専用ラックに収納します。

    さらに、こだわりは収納ケースの深さにまで。以前は、収納性が高そうな深型を愛用していましたが、いまは浅型のみ。

    理由は、「小さくたたみさえすれば、深型でなくても入る枚数は同じ。ケース自体が浅い分、多く重ねることができるんです」

    というわけで、結局、収納力は浅型に断然、軍配が上がるのです。

    収納のポイント

    小さくまとめてキュキュッと

    画像: 子どものころから、洋服は小さくたたんで立てて収納。収納力アップとともに、上から見ると服の色柄がひと目でわかり、朝の忙しい時間も、コーディネートに手間取らない

    子どものころから、洋服は小さくたたんで立てて収納。収納力アップとともに、上から見ると服の色柄がひと目でわかり、朝の忙しい時間も、コーディネートに手間取らない

    中学時代から愛用の靴下入れ

    画像: 中学時代から愛用の靴下入れ

    エコバッグなどにまとめると下にあるものは取り出しにくいので、タイツや靴下は、ひとつの引き出しにまとめておく。中学時代から愛用している靴下入れに、くるっと丸めて

    小林さんのクローゼット歴

    13歳

    やっと憧れの制服を着られると思ったものの、中学校は私服で、ちょっとがっかり……

    14歳

    母の友人から、「セントジェームス」のボーダーカットソーを贈られる。「服を選ぶ」ことを意識する

    16歳

    高校生になり、制服になる。大喜びで待望の制服ライフを楽しむ

    18歳

    大学入学と同時に、「女子大生っぽく」を意識し、ブランドバッグ、ヒール靴などを履くスタイルに

    20歳

    無理をしていた “女子大生スタイル” から撤退。本来の自分の好きな服に戻し、現在に至る

    クローゼットの内訳

    [ 小林さんの服グラフ]

    画像: [ 小林さんの服グラフ]

    [ 春・夏 ]

    カットソー(Tシャツなど半袖)17
    ブラウス、シャツ(半袖)17
    タンクトップ、キャミソール5
    ワンピース7
    スカート19
    パンツ15
    デニムパンツ0
    レギンス0
    ジャケット5
    巻き物(リネンやコットン)0

    [ 秋・冬 ]

    カットソー(長袖)4
    ブラウス、シャツ(長袖)0
    ニット(プルオーバータイプ)33
    ニット(前開きタイプ)6
    パーカ0
    ワンピース3
    スカート8
    パンツ9
    デニムパンツ0
    レギンス0
    ジャケット4
    コート(薄手)2
    コート(厚手)4
    ブルゾン2
    つなぎ2
    ベスト8
    巻き物(ウールやカシミヤ)10

    [ 通年 ]

    カットソー(長袖)8
    ブラウス、シャツ(長袖)36
    ニット(プルオーバータイプ)10
    ニット(前開きタイプ)9
    パーカ2
    ワンピース0
    スカート0
    パンツ15
    デニムパンツ12
    レギンス8
    ジャケット0
    コート(薄手)2
    ブルゾン8
    巻き物(コットン)1
    スカーフ4

    「クローゼットの中身」・IDÉE 小林夕里子さん/春夏秋冬の装いへ ⇒

    <撮影/柳原久子(https://water-fish.co.jp/) 取材・文/福山雅美>

    画像: [ 通年 ]

    小林夕里子(こばやし・ゆりこ)
    2007年、オリジナルの家具や国内外からセレクトした雑貨を扱うインテリアショップ・イデーに入社。ショップの副店長などを経て、VMD(ヴィジュアルマーチャンダイザー)ディスプレイ担当となる。全国のイデーショップのディスプレイを監修し、VMD講師など務める。モノを大切にするライフスタイルが女性誌などでも注目され、著書に『暮らしを愉しむお片づけ』(すばる舎)がある。
    インスタグラム:
    https://www.instagram.com/yuricook/

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.