• 自分らしくおしゃれを楽しむ方々は、どんなクローゼットなのでしょう? 春夏秋冬の装いから、洋服のしまい方まで、その中身を拝見してみました。今回は、ギャラリーfèveオーナー・引田かおりさんのクローゼットから、季節ごとに「ふだん」と「お出かけ」の装いを紹介します。
    (『天然生活』2015年10月号掲載)

    の装い

    [ ふだん ]

    丈が短めのパンツは、素足で春を感じて軽快に

    画像: 東京・吉祥寺の「ミュージアム オブ ユア ヒストリー」で見つけたブルーのさわやかなシャツ。合わせたのは、サイドファスナーで腰まわりがすっきり見える「マテリアルズ」のパンツ

    東京・吉祥寺の「ミュージアム オブ ユア ヒストリー」で見つけたブルーのさわやかなシャツ。合わせたのは、サイドファスナーで腰まわりがすっきり見える「マテリアルズ」のパンツ

    [ お出かけ ]

    柔らかな質感のアイテムを着たくなるこの時季

    画像: 「ドリス ヴァン ノッテン」のスカートに「プリスティン」のニットを合わせた淡色コーディネート。黒の「エバゴス」のシューズや布物作家・中川糸子さんのリメイクバッグで、ほどよくアクセントをつける

    「ドリス ヴァン ノッテン」のスカートに「プリスティン」のニットを合わせた淡色コーディネート。黒の「エバゴス」のシューズや布物作家・中川糸子さんのリメイクバッグで、ほどよくアクセントをつける

    の装い

    [ ふだん ]

    さわやかな黄色を主役に、パンツと帽子の黒でアクセントを

    画像: 夏は、大好きな黄色を着ると元気になる。Tシャツとパンツは、ともに「オールドマンズテーラー」。つばが広めのストローハットは「クール」のもの。足元は、カジュアルに「ニューバランス」のスニーカーを合わせて

    夏は、大好きな黄色を着ると元気になる。Tシャツとパンツは、ともに「オールドマンズテーラー」。つばが広めのストローハットは「クール」のもの。足元は、カジュアルに「ニューバランス」のスニーカーを合わせて

    [ お出かけ ]

    夏の黒は大人っぽくおしゃれな印象。かごで抜け感を

    画像: シックな柄で大人っぽい印象のワンピースは「オールドマンズテーラー」のもの。ちょっぴり個性的なかごは、「kegoya」で発見。夏らしい、ワンピースだけをさらりと着た、すっきりコーディネート

    シックな柄で大人っぽい印象のワンピースは「オールドマンズテーラー」のもの。ちょっぴり個性的なかごは、「kegoya」で発見。夏らしい、ワンピースだけをさらりと着た、すっきりコーディネート

    の装い

    [ ふだん ]

    主役になるアイテムを、上手に際立たせる

    画像: 「スポークン ワーズ プロジェクト」のワンピースの柄を目立たせたいから、カーディガンを羽織るのではなく、同系色のニットをインナーとして。足元はグレーで統一して、とにかくワンピースが主役のコーディネート

    「スポークン ワーズ プロジェクト」のワンピースの柄を目立たせたいから、カーディガンを羽織るのではなく、同系色のニットをインナーとして。足元はグレーで統一して、とにかくワンピースが主役のコーディネート

    [ お出かけ ]

    秋のおしゃれはシルエットを楽しむのもおすすめ

    画像: 大きく膨らんだ袖が特徴的な、「スクランプシャス」のワンピース。一枚でインパクトがあるから、足元は、すっきりしたシルエットの「サルトル」のブーツを。カラーアクセントとして、黄色のストールをプラス

    大きく膨らんだ袖が特徴的な、「スクランプシャス」のワンピース。一枚でインパクトがあるから、足元は、すっきりしたシルエットの「サルトル」のブーツを。カラーアクセントとして、黄色のストールをプラス

    の装い

    [ ふだん ]

    冬のボーダーはワイドパンツで落ち着いた印象に

    画像: 冬場は、中にタイツやレギンスをはけば、軽い印象のコットンパンツで暖かに過ごせる。「オーシバル」のボーダーに、「R」のパンツを合わせて。バッグは「セリーヌ」のレザートートで、大人のカジュアル感

    冬場は、中にタイツやレギンスをはけば、軽い印象のコットンパンツで暖かに過ごせる。「オーシバル」のボーダーに、「R」のパンツを合わせて。バッグは「セリーヌ」のレザートートで、大人のカジュアル感

    [ お出かけ ]

    モノトーンに徹するなら、素材感の違いを楽しんで

    画像: 「アーツ&サイエンス」の厚手のベストは、驚きの暖かさ。だからインナーは、コットンニットで十分。お出かけ感のあるエナメルバッグと「アーツ&サイエンス」の靴を合わせて、すっきりモノトーンスタイル

    「アーツ&サイエンス」の厚手のベストは、驚きの暖かさ。だからインナーは、コットンニットで十分。お出かけ感のあるエナメルバッグと「アーツ&サイエンス」の靴を合わせて、すっきりモノトーンスタイル

    昔から手放せないもの

    社会人になったときの思い出の時計

    航空会社に就職が決まった35年前に、叔父さんから、お祝いとして贈られた時計。ベルトを交換しながら、いまでも大切に使っている

    画像: 社会人になったときの思い出の時計

    この、ピーターパン丈がお気に入り

    「ゴーシュ」のパンツは、 "ピーターパン" をイメージさせる中途半端丈がお気に入りポイント。ブーツや厚手のタイツと合わせて着る

    画像: この、ピーターパン丈がお気に入り

    最近、買ったもの

    シルエットがきれいな白いブラウス

    ゆったりした袖のシルエットが美しいブラウスは「オールドマンズテーラー」のもの。この一枚を主役にして、シンプルに着こなしたい

    画像: シルエットがきれいな白いブラウス

    着てみたら、しっくりなじんだ「ヤエカ」

    はいてみたら、驚くほどのジャストサイズ。春夏アイテムにしては厚手に見えるけれど、意外に涼やかなのも驚き。3シーズン、愛用できそう

    画像1: 着てみたら、しっくりなじんだ「ヤエカ」

    「クローゼットの中身」・ギャラリーfèveオーナー 引田かおりさんへ ⇒

    <撮影/柳原久子(https://water-fish.co.jp/) 取材・文/福山雅美>

    画像2: 着てみたら、しっくりなじんだ「ヤエカ」

    引田かおり(ひきた・かおり)
    東京・吉祥寺にて「ギャラリーfève」、天然素材のパン屋「ダンディゾン」を営む。著書に、「二人のおうち」「しあわせのつくり方」(KADOKAWA)がある。
    http://hikita-feve.com

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.