• 基礎化粧があるように、おしゃれのベースには基礎服があります。これがきまれば、何通りにも着こなせます。今回は、イラストレーターの堀川 波さんの基礎服を教えていただきました。
    (『天然生活』2016年10月号掲載)

    私の基礎服

    「イヤー」のコクーンニット

    気になる腕まわりをゆったりカバー。袖口が手首まで届く長さだと、もったりと重たくなるけれど、この長さであれば、全体の印象はすっきり。まさにベストバランス

    画像: 「イヤー」のコクーンニット

    「イヤー」のガウチョパンツ

    トップスとセットで売っていたパンツ。ウエストはゴムで楽ちんなのがうれしい。トップスがやや短めなのでウエストラインがもたつかないのも、セットならではのいいところ

    画像: 「イヤー」のガウチョパンツ

    「靴下屋」のラメソックス

    足首をきちんと見せるのも、全体をすっきり見せるコツ。靴下選びに迷ったら、基礎服の同系色を選ぶと間違いなし。ラメが入ると、よりおしゃれな雰囲気になり、おすすめ

    自分と向き合うことで、知りえたベストデザイン

    堀川さんの基礎服。ポイントは、色ではありません。大切にしているのは、シルエット。

    「40歳を過ぎて、気になるのは、二の腕まわりと腰まわり。とにかく、ここを上手にカバーできることが最重要ポイントです」

    そこでたどり着いたのが、ゆったりしたドルマンスリーブのトップスと、裾に向かってふわりと広がるガウチョパンツ。

    もちろん、ドルマンならば何でもよいというわけではありません。袖の長さも、実はこだわりがあります。

    「袖は短めで、手首が見えることが大切。ワイドパンツも、足首まで隠さず、少し短めを選びます」

    気になるところは見せないけれど、細い部分はしっかり見せる。基礎服だけで体形のコンプレックスを上手に隠せているから、この上にアイテムを重ねることはほとんどありません。

    意識するのは、見せている部分を、より強調すること。太めのバングルや、真っ白なカフス。インパクトのある小物や色合いが役に立ちます。

    「あと欠かせないのは、帽子などのヘッドアクセサリー。これがあるだけで、おしゃれ度が一気に上がるんですよ」

    基礎服あれこれ

    「トラディショナルウェザーウェア」のボーダーカットソー

    シンプルなボーダーかと思いきや、"ドルマンスリーブ&短め丈"の、堀川さんの基礎服の条件を満たしたワザありデザイン

    画像: 「トラディショナルウェザーウェア」のボーダーカットソー

    「カシラ」、「ユリ・パーク」のベレー帽

    帽子は、高校生のころから好きなアイテム。かぶるだけで、おしゃれをしているように見せてくれるので手放せない

    画像: 「カシラ」、「ユリ・パーク」のベレー帽

    「ノートエシロンス」のヘアバンド

    最近、効果を見直しているのがヘアバンド。顔の周りの髪の毛をすっきりさせると、全体的にあか抜けた印象になる

    画像: 「ノートエシロンス」のヘアバンド

    「アーバンリサーチドアーズ」のスカート

    適度なハリがきれいなシルエットをつくってくれるスカートは、気に入りすぎて、赤と黒の色違いも購入したほど

    画像: 「アーバンリサーチドアーズ」のスカート

    「ユニクロ」のカシミヤVネックセーター

    薄手で肌触りがよく暖かいカシミヤニット。一枚で着ることもあるけれど、ワンピースのインナーとして使うことも多い

    画像: 「ユニクロ」のカシミヤVネックセーター

    「タビオ」、「フォーエバー21」などのカラータイツ

    カラータイツは、色合いのかわいらしさが最重要。ファストファッションの店で、ニュアンスカラーが見つかることも

    画像: 「タビオ」、「フォーエバー21」などのカラータイツ

    「ユニクロ」のブラトップ

    近所しか出歩かないときには、こちらを愛用。袖口がゆったりしている服は脇から下着が見えがち。ブラトップなら、安心

    画像: 「ユニクロ」のブラトップ

    基礎服と応用形・イラストレーター 堀川 波さんの「応用形」へ ⇒

    <撮影/柳原久子(https://water-fish.co.jp/) 取材・文/福山雅美>

    堀川 波(ほりかわ・なみ)
    大阪芸術大学卒業。おもちゃメーカー開発部勤務を経て、絵本作家・イラストレーターに。布小物の制作やデザインなども手がけ、籐でつくるアクセサリーのワークショップなどでも開催している。著書は『かわいい背守り刺繍』『リネンで作る、つるし飾り』(ともに誠文堂新光社)など、多数。
    インスタグラム@horikawa_nami
    https://www.instagram.com/horikawa._.nami/

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.