• 今月の表紙は、料理家の松田美智子さんの保存食。本誌レシピページの撮影前に撮った1枚です。

    ずらりと並ぶのは、自家製ツナ、塩卵、蒸し豚ロース、いろいろきのこ、煎り酒。

    松田先生がふだん、時間のある時につくる、「半調理」の食材です。

    復刊号の段取り特集の撮影の打ち合わせにお伺いしたとき、松田先生がふと話してくださったのが、「半調理」という言葉でした。

    「加熱して、ごくうすく味付けしておいたり、塩でゆでておくだけで、ぐんと料理が楽になりますよ。お肉や卵も、半調理できますから」

    そこから、ぜひ保存食の取材を、となり今回の企画につながりました。

    まず試食させていただいて、すごい!と感激したのは「塩卵」です。

    お湯に塩を入れてゆでるのは基本ですが、このレシピは卵全体にクラッシュを入れて、塩味のゆで汁につけて保存するという方法。ほんのり塩味がして、そのまま食べてもとてもおいしいのです。

    まとめてゆでておいて、サラダにしたり、サンドイッチの具にしたり、お弁当に入れたりと、大活躍します。「半調理品」同士を組みあわせて、献立を立てることもできます。ぜひ、お試しください。

    素敵な表紙を撮影してくださったのは、カメラマンの川村隆さん、取材は河合知子さんです。

    保存食は、冬ごもりのお供にも、年末年始のごはんにも活躍します。

    料理家のみなさんのレシピで、楽しい冬の食卓を。

    ※ 松田美智子さんの記事「保存食と展開料理」は、『天然生活』2020年1月号、P.12~15に掲載されています。

    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    編集部より,連載,表紙の一枚,最新号&新刊紹介,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.