• 天然素材であたたかみのある、手づくりの布マスクを紹介します。教えてくださったのは、ソーイング作家・まのあきこさん親子。さらりとして肌触りが良く、使うほど柔らかくなるリネン製です。接着テープやノーズワイヤーを手に入れるのが難しければ、省略してもつくれます。
    (『天然生活』2020年6月号掲載)

    画像: ノーズワイヤー入りでフィット感が抜群のマスクは、息苦しくないよう、あえて2枚仕立て。フィルター効果を高めるためにキッチンペーパーを挟んでもすっきり

    ノーズワイヤー入りでフィット感が抜群のマスクは、息苦しくないよう、あえて2枚仕立て。フィルター効果を高めるためにキッチンペーパーを挟んでもすっきり

    リネンの立体布マスクのつくり方

    型紙

    画像: 型紙
    実物大の型紙は、*こちらのページ* からダウンロードできます。
    ※型紙のダウンロードには、天然生活webへの会員登録をお願いしております。ご了承ください

    材料

    リネン60cm幅15cm
    テープ(*)約0.6cm幅36cmを2本
    テクノロート(形状保持材)10.5cm
    接着テープ1.5cm幅12cmを2本
    ポリエステルミシン糸60番

    *今回は、カットソーの伸び止めテープ「ウーリースピンテープ」を使用。ゴムテープや丸ゴム、好みのひもでも代用可。

    ※つくり方のなかの数字の単位はすべてセンチメートル(cm)です。

    裁ち方図

    型紙の外側の線に沿って布を裁断する。

    画像: 裁ち方図

    つくり方

     外本体の脇を折る。外本体2枚を中表に合わせ、中心を縫い、縫いしろを割る。内本体もイラストを参考に、同様に縫う。

    画像1: つくり方

     外本体の上部中央に接着テープを貼る。内本体にも同様に貼る。

    画像2: つくり方

     外本体と内本体を中表に合わせ、上端と下端を縫う。

    画像3: つくり方

     脇から表に返して形を整える。イラストを参考に、上部中央を縫い、ノーズワイヤーとしてテクノロートを入れる。

    画像4: つくり方

     テクノロートが落ちてこないように端を縫い、ふさぐ。脇を内側に折り、縫う。

    画像5: つくり方

     脇にテープを通し、好みの長さに結んで、カットする。

    画像6: つくり方

    <デザイン・制作/まのあきこ、かすみ 撮影/まのあきこ イラスト/たまスタヂオ>

    まの・あきこ
    ソーイング作家。出産を機に子ども服をつくり始め、文化服装学院でパターンメーキングを学ぶ。天然素材を用いたナチュラルな作風が注目を集め、イベントや雑誌、書籍などで作品を発表。著書は『おしゃれが好きな女の子の服』『一年中ワンピース』(ともに文化出版局)など。
    インスタグラム(@akiko_mano_jamjam)

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    ※発売中の『天然生活』2020年6月号には、50%縮小の型紙を掲載しています。そちらをご利用いただく際は、200%に拡大コピーしてご利用ください


    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.