• ちょっとしたコツで、ぐっとおしゃれに。スタイリストの植村美智子さんが、約25年の仕事を通して培ったコーディネートの経験とファッションの知識を生かし、季節ごとに陥りがちな、おしゃれの悩みを解決します。植村さんの提案する「コツ」は、おしゃれ初心者でもすぐに取り入れられるような、簡単で手軽なものばかり。今回は、コーディネートを寂しく感じたときの解決法をご紹介します。ぜひ、日々のおしゃれにお役立てください。
    画像: 基本のスタイル。大きな面積のアウターがなくなり、コーディネートが寂しく感じてしまうことも……

    基本のスタイル。大きな面積のアウターがなくなり、コーディネートが寂しく感じてしまうことも……

    コーディネートを寂しく感じたら

    ひさしぶりにアウターのいらない季節がやってきました。軽やかになりましたね。でも同時に、ちょっと不安な気持ちも生まれていたりしませんか?

    アウターという、大きな面積のアイテムがなくなり、コーディネートが寂しくなってしまったり、
    アウターの質感で保たれていたバランスが崩れ、カジュアルさが強くなりすぎてしまったり、
    縦のラインをつくってくれていた強い味方ロング丈のアウターがいなくなり、あらためて、全身のバランスが気になってしまったり……。

    かといって、昨年どんなコーディネートをしていたか思い出そうとしてみても、なかなか思い出せなかったりするものです。

    今回は、コーディネートを寂しく感じたときの解決法を。

    大きくイメージを変えるのではなく、基本のスタイルのワンアイテムだけ変えてみたり、ちょっとしたアイテムを加えてみたり、手軽におしゃれをワンランクアップさせる方法をご紹介します。

     異素材合わせで立体的に

    便利に使えるのは“ローゲージのゆったりニット”。ざっくり編まれた凹凸のあるニットがコーディネートにメリハリを付け、立体的にしてくれます。デニムパンツやコットンスカート、シルクサテンのワイドパンツなど、色々なアイテムと相性◎です。

    袖をたくし上げたときなどに立体的なフォルムができる“しっかり質感のリネンシャツ”を、なめらか素材のボトムスと合わせるのも良さそうです。

    画像: ハイゲージのニットをケーブル編みの立体感あるニットに替えるだけで、印象は大きく変わります。

    ハイゲージのニットをケーブル編みの立体感あるニットに替えるだけで、印象は大きく変わります。

     多色使いの柄物を投入

    手っ取り早く、柄物アイテムを投入するという手もありますが、色使いによっては、逆に寂しく感じるコーディネートになってしまうこともあるので、注意が必要です。

    華やかさをプラスしたいなら、多色使いのものがおすすめ。いつも履いている靴や、よく使うバッグの色が入っている柄を選べば、合わせる小物に苦労することはありません。

    画像: 少しだけ変化がほしいなら、小ぶりのスカーフをプラス。

    少しだけ変化がほしいなら、小ぶりのスカーフをプラス。

    画像: パンツなどの面積の広いアイテムを柄物にすると、より華やかになります。

    パンツなどの面積の広いアイテムを柄物にすると、より華やかになります。

    次回は、「カジュアルになりすぎてしまったと感じたら」の解決法をご紹介します。


    <スタイリング/植村美智子 撮影/山田耕司>

    画像: 2 多色使いの柄物を投入

    植村 美智子(うえむら・みちこ)
    大阪府吹田市出身。文化服装学院アパレルデザイン学科卒業。アシスタント経験後、1996年にスタイリストとして独立。雑誌、広告、タレントのスタイリングなどで幅広く活躍。2010年、ファッションコーディネートサービス「Liltin'(リルティン)」を立ち上げ、個人向けのコーディネートを開始する。ひとりひとりとじっくり向き合うことを大切にし、ファッションを楽しんでもらえることを目指したパーソナルスタイリングが人気を呼ぶ。著書に『洋服の選び方』(マイナビ出版)、電子書籍『「今の自分」に似合う服』(扶桑社)などがある。

    ※ ※ ※

    天然生活の本『「今の自分」に似合う服』(植村美智子・著)
    天然生活の本
    『「今の自分」に似合う服』(植村美智子・著)

    天然生活の本『「今の自分」に似合う服』(植村美智子・著)

    電子書籍
    定価:本体 1,100円(税込)

    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.