• ちょっとしたコツで、ぐっとおしゃれに。スタイリストの植村美智子さんが、約25年の仕事を通して培ったコーディネートの経験とファッションの知識を生かし、季節ごとに陥りがちな、おしゃれの悩みを解決します。植村さんの提案する「コツ」は、おしゃれ初心者でもすぐに取り入れられるような、簡単で手軽なものばかり。今回は、カジュアルになりすぎてしまったと感じたときの解決法をご紹介します。ぜひ、日々のおしゃれにお役立てください。
    画像: 基本のスタイル。年齢を重ねるにつれ、カジュアルな服装がしっくりこないと悩んでいる方も多いのでは? アウターがなくなると、その質感で保たれていたバランスが崩れ、カジュアルさが強いと感じることも。

    基本のスタイル。年齢を重ねるにつれ、カジュアルな服装がしっくりこないと悩んでいる方も多いのでは? アウターがなくなると、その質感で保たれていたバランスが崩れ、カジュアルさが強いと感じることも。

    カジュアルになりすぎてしまったと感じたら

    ひさしぶりにアウターのいらない季節がやってきました。軽やかになりましたね。でも同時に、ちょっと不安な気持ちも生まれていたりしませんか?

    アウターという、大きな面積のアイテムがなくなり、コーディネートが寂しくなってしまったり、アウターの質感で保たれていたバランスが崩れ、カジュアルさが強くなりすぎてしまったり、縦のラインを作ってくれていた強い味方ロング丈のアウターがいなくなり、あらためて、全身のバランスが気になってしまったり……。

    かといって、昨年どんなコーディネートをしていたか思い出そうとしてみても、なかなか思い出せなかったりするものです。

    今回は、カジュアルになりすぎてしまったと感じたときの解決法を。

    年齢を重ねると、カジュアルがしっくりこないと感じることが多いのは、大人の深みが増した「自分」の雰囲気と「カジュアル」のもつラフな印象にずれが生じてくるから。

    そんなときは、「自分」と「カジュアル」のずれを解消してくれる小物を投入してみましょう。それだけで、すっと違和感が解消され、なじんでいきます。

     メガネで自分の雰囲気をカジュアルに寄せる

    メガネは、カジュアルが似合いにくくなった大人の女性の雰囲気を、似合う雰囲気に寄せていってくれる優秀なアイテムです。

    その優秀さを発揮させるには、似合っていることはもちろん、いまの流れに合った眼鏡であることが大事。

    アクセサリー感覚で、ちょっと主張のあるメガネを選んでみてもいいかもしれません。

    画像: メガネを掛けるときは、顔まわりのアクセサリーは控えめにするのがポイント。

    メガネを掛けるときは、顔まわりのアクセサリーは控えめにするのがポイント。

     足元を替えコーディネートの印象を自分に寄せる

    靴を変えるだけでも、コーディネートの印象は大きく変わります。

    スニーカーを白のオックスフォードシューズやダンスシューズに変えたり、ころんと丸みのある靴を、ローファーやフラットパンプスに変えたり、シュッとさせるイメージでチェンジです。

    それだけでカジュアルさは抑えられ、大人の女性にも違和感なくなじむスタイルに。

    画像: 1~2cmでもヒールがあると、よりコーディネートが締まります。

    1~2cmでもヒールがあると、よりコーディネートが締まります。

    次回は、「全身のバランスが気になったとき」の解決法をご紹介します。


    <スタイリング/植村美智子 撮影/山田耕司>

    画像: 2 足元を替えコーディネートの印象を自分に寄せる

    植村 美智子(うえむら・みちこ)
    大阪府吹田市出身。文化服装学院アパレルデザイン学科卒業。アシスタント経験後、1996年にスタイリストとして独立。雑誌、広告、タレントのスタイリングなどで幅広く活躍。2010年、ファッションコーディネートサービス「Liltin'(リルティン)」を立ち上げ、個人向けのコーディネートを開始する。ひとりひとりとじっくり向き合うことを大切にし、ファッションを楽しんでもらえることを目指したパーソナルスタイリングが人気を呼ぶ。著書に『洋服の選び方』(マイナビ出版)、電子書籍『「今の自分」に似合う服』(扶桑社)などがある。

    ※ ※ ※

    天然生活の本『「今の自分」に似合う服』(植村美智子・著)
    天然生活の本
    『「今の自分」に似合う服』(植村美智子・著)

    天然生活の本『「今の自分」に似合う服』(植村美智子・著)

    電子書籍
    定価:本体 1,100円(税込)

    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.