• 季節の変わり目といわれる時期に突入しています。このタイミングのファッションを苦手とする人は多いですが、夏ではなく秋と言い切るにはまだ早い、この時期しか楽しめないスタイルもあります。鍵を握るのはカーディガン。うまく取り入れ、夏の服装を、いまの季節になじむスタイルに変えていきましょう。

    ***

    ちょっとしたコツで、ぐっとおしゃれに。

    スタイリスト・植村美智子が、約25年の仕事を通して培ったコーディネートの経験とファッションの知識を生かし、季節ごとに陥りがちな、おしゃれの悩みを解決します。

    提案する「コツ」は、おしゃれ初心者でもすぐに取り入れられるような、簡単で手軽なものばかり。

    ぜひ、日々のおしゃれにお役立てください。

    秋の始まりに活躍させやすいカーディガン

    エアコン対策として、真夏も活躍してくれていたカーディガンですが、秋に向かう今とでは、ファッションにおける立ち位置が違ってきます。

    夏は、必要なときにいつでも、さっと羽織れるものとして、無難さ、持ち歩きやすさを優先していました。

    でもこれからは、コーディネートのなかの、ひとつのアイテムとして、色もバランスもちゃんと考え選ぶ必要があります。

    夏服に合わせやすいカーディガンとしておすすめなのは、このタイプ。

    画像: グリーンのカーディガン ¥16,000/ロワズィール

    グリーンのカーディガン ¥16,000/ロワズィール

    おすすめポイント

    ポイント1:Vネック

    クルーネックもいいですが、応用が効くのはVネック。合わせられる服装の幅が広がります。

    ポイント2:適度なゆとり、大きめのアームホール

    ゆとりのあるトップスにも合わせられるように、そして、おしゃれ感アップのためにも、ゆったり着られるサイズ感のものを。

    ポイント3:長すぎないミドル丈

    短すぎず長すぎず。リラックス感あるコーディネートに合わせやすい着丈です。

    ポイント4:袖のリブがしっかりしているもの(長さを調整できるように)

    袖口のリブがしっかりしていれば、袖をたくし上げるのもお手のもの。

    カーディガンだけが浮いてしまわないよう、コーディネートのなかの、ひとつのアイテムとすることができるよう、何色か持っておくことをおすすめします。

    画像: 濃い色と淡い色をバランスよくもっておくと、バランスがとりやすい

    濃い色と淡い色をバランスよくもっておくと、バランスがとりやすい

    【問い合わせ先】

    ロワズィール|03-6861-7658
    https://store.bigi.co.jp/shop/loisir

    ◆ 次回は、実践編part1. 夏服にカーディガンを羽織り、秋に向かっていくスタイルにチェンジするコーディネート術をご紹介します。

     

    ※ 植村美智子さんが主宰するファッションコーディネートサービス「Liltin'(リルティン)」が8月で10周年を迎えました。

    10周年を記念して、リルティンの「10th Anniversary オリジナルショッピングバッグ」を5名の方にプレゼントいたします。

    ご希望の方は、こちらの応募ページよりお申し込みください



    <スタイリング/植村美智子 撮影/山田耕司>

    画像: 【問い合わせ先】

    植村 美智子(うえむら・みちこ)
    大阪府吹田市出身。文化服装学院アパレルデザイン学科卒業。アシスタント経験後、1996年にスタイリストとして独立。雑誌、広告、タレントのスタイリングなどで幅広く活躍。2010年、ファッションコーディネートサービス「Liltin'(リルティン)」を立ち上げ、個人向けのコーディネートを開始する。ひとりひとりとじっくり向き合うことを大切にし、ファッションを楽しんでもらえることを目指したパーソナルスタイリングが人気を呼ぶ。著書に『洋服の選び方』(マイナビ出版)、電子書籍『「今の自分」に似合う服』(扶桑社)などがある。
    https://uemuramichiko.com/

    Liltin' ファッションコーディネートサービス

    ※ ※ ※

    天然生活の本『「今の自分」に似合う服』(植村美智子・著)
    天然生活の本
    『「今の自分」に似合う服』(植村美智子・著)

    天然生活の本『「今の自分」に似合う服』(植村美智子・著)

    電子書籍
    定価:本体 1,100円(税込)


    This article is a sponsored article by
    ''.