• シンプルライフを提案する、金子由紀子さんの暮らしのアイデアを紹介します。心と体に負担をかけず、ほどほどに力を抜きながら家仕事を快適にまわす知恵と工夫を、日々の暮らしにお役立てください。今回は、失敗しない買い物術について。

    心地よい暮らしって何でしょう?

    心地よさってたぶん、「自分にぴったり」ということ。それがたとえ、ちょっぴり古ぼけて、ちょっぴりダサくても、自分にぴったりであれば、気にならない、むしろ愛しい。

    ところが、自分にぴったりの暮らしって、どこにも売っていません。だから自分でつくらなきゃならない。

    この世で一番の贅沢って、「おあつらえ、オーダーメイド」だと思うんです。だって、自分のためだけにつくられたものなんですから。でも、自分でやれば、お金はかかりません。

    自分の暮らしを自分であつらえる楽しみ、始めませんか?

    買い物で失敗したくない!

    買い物って基本的に楽しいことですよね。新しいものが家に来る、いままでより便利になる。ちょっとしたものであっても、やっぱりワクワクします。

    でも気をつけないと、モノが増えすぎて家の中が窮屈になってしまったり、買ったはいいけれど自分に合わなくて、あとあと後悔したり。

    せっかくお金を払うのですから、買う前よりも生活が楽しくならなきゃ! だから、買い物をするときは、

    「モトをとるぞ!」

    という気持ちで臨みます。安価なものであっても、衝動買いはしません!(←若い頃、痛い目をみた)

    大きなものを買うときは

    電子レンジ、洗濯機と、大きなものを買うときは慎重になるものですが、実はあまり迷いません。

    カタログを集めたり、エクセルで機能を比較する表をつくったりもしません。

    それは、「こういう使い方がしたい」というのがもう決まっているから。

    たとえば、先ごろ買い替えたオーブンレンジであれば、

    「パンやお菓子を一度にたくさん焼きたい」

    というが一番の希望だったので、

    「発酵ができる/天板が二段になっている」

    がクリアできていればもうOK。

    あとは「見た目」つまりデザインです。

    画像: 以前使っていたものより庫内が広く、天板が2枚使えるし、発酵機能もあるので大満足!

    以前使っていたものより庫内が広く、天板が2枚使えるし、発酵機能もあるので大満足!

    細かい機能は必要ありませんが、ゴチャゴチャたくさん文字やボタンがついているものや、妙に派手な色のものは好きではないので除外。

    それだけで、選択はだいぶ絞られます。

    情報機器を除き、「最新型」にこだわることもしません。

    だって、今の最新型だって、来年はもう旧モデルですから。

    マイナーチェンジ程度なら、そんなに気にすることもないと思っています。

    画像: 求める機能を持つ現行品から、表面の文字がいちばん少ないものをセレクト。調理が終わると流れるにぎやかなメロディーは、購入後シンプルなアラームに切り替えました

    求める機能を持つ現行品から、表面の文字がいちばん少ないものをセレクト。調理が終わると流れるにぎやかなメロディーは、購入後シンプルなアラームに切り替えました

    ただ、絶対に気を付けているのは、置く場所の寸法を正確に計っておくこと。

    1センチの違いで、置くことができなかったり、使いづらくなったりしてしまうことがあるからです。

    また、家具などは、売り場では感じなくても、家に置くとびっくりするほど大きく見えることがあるので、買う前に新聞紙や段ボールなどで実寸大を再現してみることもあります。

    小さなものを買うときも

    小さなものを買うときも気をつけています。

    たとえ100円ショップで消耗品を買うときも、買い物メモをつくり、それ以外のものは買わないように心がけています。

    値段の安い店では、どうかすると気がゆるんで、あれもこれもとついでにいろいろ買ってしまいがちですが、買いすぎてしまったり、結局使わなかったりという苦い経験をしているからです。

    たとえ100円のものでも、なるべく一度では買わず、家に戻ってもう一度検討したり、置く場所のサイズを計ったりして、それでも必要となったら買うようにしています。

    「やっぱりいいや」となることは、けっこう多いんですよ。

    なるべく実店舗で買う

    大きなものも、小さなものも、なるべくなら実店舗で買うようにしています。

    特に、洋服やタオル、食器など、直接身体にふれるものについては、素材の質感に違和感があると、使っていてイヤになってしまうことがあるからです。

    家具・家電であれば、自分なりに調べてきた疑問点を、店頭で販売担当者に全部尋ねます。

    これは、買うものに対する「取材」だと思っています。

    きちんと「取材」することで、使い方がよくわかりますし、ほかのお客さんがどう使っているかとか、メリットだけでなくデメリットも教えてもらえるからです。

    最安値だけを目的として、ネットで買うことはしません。多少安くなることより、得る情報量の多い対面販売の方が、私にとっては価値があると思っています。

    一方、ネット通販でしか買えないよいものもたくさんあります。

    そういうものは、届いた時が「購入完了」ではなく「試着タイム」。

    少しでも「合わないな」と思ったら、返送料が自己負担でも、迷わずすぐに返品します。(それが面倒なので、実店舗派なのですが……)

    「欲しいものメモ」をつくっておく

    若い頃は、欲しいモノがたくさんありました。

    でも、いま思えば、あの頃の私は、「欲しいモノ」と「必要なモノ」の区別がついていなかった。

    だから、「欲しいモノ」を先に買ってしまって「必要なモノ」が買えなくなるなど、バランスの悪いモノの持ち方をしていたと思います。

    それに気づいたある時、「欲しいモノ」と「必要なモノ」を分けて、それぞれどんなモノが欲しいのか、必要なのかを、色や形、価格、購入したい店舗など細かく書き出すようにしたら、買い物がうまくいくようになりました。

    「必要なモノ」がちゃんと手に入るようになりましたし、出先で素敵なモノに出会っても、自分が書き出していた「欲しいモノ」の条件に合っていなければ買わずに済むようになり、買い物の失敗が減りました。

    画像: アイテム名、色やデザイン、希望価格、購入予定店舗、寸法まで書き出しておき、そこからはみだすものは買わないようにする。長期計画のものはスマホにメモしておく

    アイテム名、色やデザイン、希望価格、購入予定店舗、寸法まで書き出しておき、そこからはみだすものは買わないようにする。長期計画のものはスマホにメモしておく

    この「欲しいモノ メモ」のいいところは、「こんなのが欲しい」と書き出せば書き出すほど、なんだかどうでもよくなってしまい、物欲がだんだん減っていくのです。

    おなかがすいていても、料理をしているうちに、空腹感が消えていくのと似ているような気がします。

    「もったいない」も過ぎるとソンをする

    私はなぜか家電運がよく、わが家の冷蔵庫は17年、オーブンレンジは25年以上使っていました。

    壊れないのはよかったのですが、

    「まだ使えるからもったいない」

    と使い続けていたせいで、ソンをしたかもしれません。

    たとえば、以前使っていた冷蔵庫は、その間に生まれた2人の子どもがどんどん育ち、容量200リットルでは到底足りないのに、

    「壊れてない、まだ使える」

    と、延々と使い続けていたのです。

    壊れてはいないかもしれないけど、そんな冷蔵庫では生活がうまく回りません。

    忙しいのに買い物の頻度は下げられないし、生協から届いたものは入りきらない。当時は冷蔵庫にパズルのように食品を詰め込んでいました。

    事実、新しく容量2倍の冷蔵庫に買い換えた途端、毎日が圧倒的にラクになりましたし、電気代だってむしろ安くなったのです!

    もっと早く、生活に合ったサイズに買い換えればよかった。

    モノと場合もよりますが、あまりに「もったいない」にこだわると、暮らしの質が低迷してしまうんだなあ……と反省した経験です。

    画像: 以前使っていたオーブン。とても丈夫で、四半世紀活躍してくれましたが、さすがに20年を過ぎた頃から内心ヒヤヒヤしながら使っていました……

    以前使っていたオーブン。とても丈夫で、四半世紀活躍してくれましたが、さすがに20年を過ぎた頃から内心ヒヤヒヤしながら使っていました……



    <撮影/林 紘輝>

    画像: 「もったいない」も過ぎるとソンをする

    金子 由紀子(かねこ ゆきこ)

    1965年生まれ。出版社での書籍編集者を経てフリーランスに。1973年、第一次石油ショックで大人たちの買いだめにショックを受ける。自らの出産・育児経験から「現実的なシンプルライフ」の構築の傍ら、All About「シンプルライフ」初代ガイドを務める。近著に『50代からやりたいこと、やめたこと』(青春出版社)、ほか著書20冊以上。



    This article is a sponsored article by
    ''.