• お気に入りの服は季節を問わず、とことん着回したい。そんな思いを叶えるべく、1つのアイテムを春夏秋冬すべての季節で着回すコーディネートをスタイリストの佐藤かなさんに提案していただきました。今回のアイテムは、スクエア プルオーバーです。

    「スクエア プルオーバー」季節のコーディネート

    画像: 「スクエア プルオーバー」季節のコーディネート
    天然生活の連載「一年中着回せる簡単服」で、スクエア プルオーバーのつくり方を紹介してくださった佐藤かなさんに、季節にあわせたコーディネートを教わります。

    広げると四角い形ですが、着るとほどよく肩が落ち、気になる二の腕をカバーしてくれるプルオーバーは、1枚でも、重ねてもさまになるので、季節を問わず活躍します。ウエストに施したギャザーがアクセント。服に立体感が加わるうえ、女性らしいラインをつくり出してくれます。

    ギンガムチェックは、子どもっぽくなりがちと敬遠されがちですが、格子が細かく、色が青×黒とコントラストがないものなら、落ち着いた印象。また、ニュアンスのあるコットンリネンの素材感も上品で、コーディネートに取り入れやすいのも魅力です。

    それでは、春・夏・秋・冬それぞれの季節のコーディネート を見ていきましょう。

     ~Spring~

    画像: トップス 10,800円/ロワズィール パンツ 19,400円/アデュートリステス

    トップス 10,800円/ロワズィール
    パンツ 19,400円/アデュートリステス

    バンドカラーの白トップスをインナーに。すっきりとしたデザインのバンドカラーは、軽やかな印象ですが、前あきのボタンでほんのりきちんと感が漂います。

    衿元の白は、顔回りを明るくしてくれる効果も。ベーシックカラーのベージュのワイドパンツを合わせれば、色柄の派手さがほどよく抑えられます。白の小物で、春らしいさわやかさをプラス。

     ~Summer~

    画像: 夏 ~Summer~

    広げたときの形はノースリーブのプルオーバーですが、ゆとりがあるので、ほどよく肩が落ち、1枚で着ても半袖のように着られます。

    ゆとりのあるトップスにワイドなデニムパンツを合わせたリラックス感のあるコーディネートには、華奢なサンダルを。足元がきゅっと引き締まって、全体の印象がぐっと女性らしく上品になります。

     ~Autumn~

    画像: 羽織ったワンピース 42,000円/ロワズィール パンツ 参考商品/ハンズ オブ クリエイション(エイチ・プロダクト・デイリーウエア)

    羽織ったワンピース 42,000円/ロワズィール
    パンツ 参考商品/ハンズ オブ クリエイション(エイチ・プロダクト・デイリーウエア)

    メインズライクなパンツスタイルも、ネイビーのロングワンピースを羽織ることで、上品で女性らしい印象に。ゆとりがあるプルオーバーですが、ノースリーブなのでもたつかず、インナーとしても活躍。

    パンツは、暖かく着られる秋冬ならではのコーデュロイ素材ですが、重たく見えないように白をセレクト。白ローファーも全体を軽やかに見せてくれています。


     ~Winter~

    画像: 冬 ~Winter~

    暗色が多く、おとなしくまとまりがちな冬ですが、青×黒のプルオーバーで華やかさをプラス。中に着たタートルネックのセーターと、ニットのプリーツスカートのつなぎ役として、ベストのように使えます。

    冬のアウター代わりとしても活躍するロングカーディガンを羽織れば、やわらかな印象に。ブーツでさりげなく重心をあげると、バランスがよくなります。

    こちらで紹介した「スクエア プルオーバー」のつくり方は、『天然生活』2021年3月号、P.84~85に掲載しています。

    *商品の記載がないものは、すべて「スタイリスト私物」です。
    *このページに記載している価格は税別です。

    【問い合わせ先】

    アデュートリステス|TEL.03-6861-7658
    https://store.bigi.co.jp/shop/adieutristesse

    エイチ・プロダクト・デイリーウエア|TEL.03-6427-8867
    https://hands-of-creation.themedia.jp/

    ロワズィール|TEL.03-6861-7658
    https://store.bigi.co.jp/shop/loisir



    <作品デザイン・制作・スタイリング/佐藤かな 撮影/千葉亜津子 ヘア・メイク/吉川陽子 モデル/kazumi>

    画像: 【問い合わせ先】

    佐藤かな(さとう・かな)
    雑誌や広告などを中心に活躍するスタイリスト。趣味が高じて出版したソーイング本『KANA’S STANDARD』(文化出版局) Amazonで見る で作家としても注目を浴び、著書も多数。レディース服ブランド「アヴェクモワ」のプロデュースも手がけ、良質な素材と、シンプルながらも、さりげなく遊び心を加えたデザインで人気。
    https://www.felissimo.co.jp/avecmoi/



    This article is a sponsored article by
    ''.