• おしゃれな雰囲気をつくるには、いまの流れに沿った、自分に似合うアイテムをうまく取り入れ、自分らしいスタイルをつくり上げる必要があります。そして、洋服をきちんと着こなすことも重要です。今月は、少し気を使うだけで大きくおしゃれ度がアップする、頭に入れておきたい着こなし方のポイントを上げていきます。今回は、“シャツの袖”に注目です。

    ***

    ちょっとしたコツで、ぐっとおしゃれに。

    スタイリスト・植村美智子が、約25年の仕事を通して培ったコーディネートの経験とファッションの知識を生かし、季節ごとに陥りがちな、おしゃれの悩みを解決します。

    シャツの袖はまくるよりたくし上げる

    すっかり定着している、袖をまくってラフな雰囲気をつくるシャツの着こなし。

    いまの気分として、ロールアップを重ねるより、たくし上げてかぶせる方法がおすすめです。

    ロールアップがダメということではありませんが、ロールアップを重ねると、懐かしい雰囲気をつくってしまうこともあるので注意が必要です。

    ◆ロールアップを重ねた状態

    画像: ◆ロールアップを重ねた状態

    決してNGというわけではない、なじみのあるロールアップを重ねる手法。
    きっちりではなく、ラフにまとめるのはお約束です。

    ◆ たくし上げてかぶせた状態

    画像: ◆ たくし上げてかぶせた状態

    おすすめしたい、たくし上げてかぶせる手法。いまの空気感がたっぷり含まれます。

    “たくし上げてかぶせる” 手順

    画像: 1 袖が長いワンピースなので、まず一度折り返します。

    1 袖が長いワンピースなので、まず一度折り返します。

    画像: 2 その後、きゅっとたくし上げ、

    2 その後、きゅっとたくし上げ、

    画像: 3 折り返したカフス部分に、たくし上げた袖をかぶせます。パフスリーブをつくるようなイメージです。

    3 折り返したカフス部分に、たくし上げた袖をかぶせます。パフスリーブをつくるようなイメージです。

    画像: 完成 です!

    完成です!


    袖口がゆるいつくりのものなど、たくし上げてかぶせる手法が難しい場合もあります。

    なので、すべてこの手法でというわけにはいきませんが、お手持ちのアイテムにできそうなものがあれば、ぜひ試してみてください。

    袖のまくり方を変えるだけで、雰囲気は大きく変わりますよ。

    次回は、スニーカの紐に注目します。


    <スタイリング/植村美智子 撮影/山田耕司>

    画像: “たくし上げてかぶせる” 手順

    植村 美智子(うえむら・みちこ)
    大阪府吹田市出身。文化服装学院アパレルデザイン学科卒業。アシスタント経験後、1996年にスタイリストとして独立。雑誌、広告、タレントのスタイリングなどで幅広く活躍。2010年、ファッションコーディネートサービス「Liltin'(リルティン)」を立ち上げ、個人向けのコーディネートを開始する。ひとりひとりとじっくり向き合うことを大切にし、ファッションを楽しんでもらえることを目指したパーソナルスタイリングが人気を呼ぶ。著書に『洋服の選び方』(マイナビ出版)、電子書籍『「今の自分」に似合う服』(扶桑社)などがある。
    https://uemuramichiko.com/

    Liltin' ファッションコーディネートサービス
    https://liltin.com/

    ※ ※ ※

    天然生活の本『「今の自分」に似合う服』(植村美智子・著)

    天然生活の本
    『「今の自分」に似合う服』(植村美智子・著)

     

    天然生活の本『「今の自分」に似合う服』(植村美智子・著)

    amazon.co.jp

     

    電子書籍
    定価:本体 1,100円(税込)



    This article is a sponsored article by
    ''.