• 基礎化粧があるように、おしゃれのベースには基礎服があります。これがきまれば、何通りにも着こなせます。今回は、gris sourisの飯島里奈さんの基礎服をベースにした「応用形」を教えていただきました。
    (『天然生活』2016年10月号掲載)

    基礎服と応用形・gris souris 飯島里奈さんの「基礎服」へ ⇒

    応用 電車でお出かけ

    画像: 応用 1 電車でお出かけ

    白のリネンコートを合わせて軽やかに。全体にボリュームが下に偏りがちだから、こっくりした色合いの草木染めストールをボリューム感を意識して巻き、バランスをとっている。バッグは、レザーよりも軽やかなかごバッグを選んで。全体をシックな色合いでまとめた、大人を意識したスタイル。

    足したもの

    • 「メゾングランデール」のアンティークリネンのリメイクコート
    • 古館亜弓さんの草木染めストール
    • サーミ族のブレスレット
    • 「メルスリーグランデール」のピアス
    • イタヤ細工のかごバッグ
    • 「ロベルトデルカルロ」のレースアップシューズ

    応用 ちょっとそこまで

    画像: 応用 2 ちょっとそこまで

    ほぼ、基礎服そのままを楽しむスタイル。羽織ったリネンカーディガンは、主張しすぎない柔らかなベージュ。シルクプルオーバーの袖口が見える短め袖を選ぶと、シルエットに遊び心が生まれる。アクセサリー感覚で持つのは、花の刺しゅうがかわいらしいミニトートバッグ。大人のかわいさをアピール。

    足したもの

    • 「ミナ ペルホネン」のリネンカーディガン
    • 「モーヴ」のピアス
    • 「ジョーシュモウ」のブレスレット
    • 「ポット&ティー」のミニトート
    • 「ポタ」のスリッポン

    応用 仕事へ

    画像: 応用 3 仕事へ

    シルク素材のサロペットなら、ジャケットひとつ合わせるだけで、仕事先にも対応できる、きちんと感が生まれる。ジャケットは前を閉じ、トップスの白を少なめに見せることで、さらに落ち着いた印象になる。大きめレザーバッグの斜めがけと真っ白な「コンバース」で、ボーイッシュなイメージも。

    足したもの

    • 「パジャマ」のジャケット
    • 「アオ」のバングル
    • 「ガロータ」のバッグ
    • 「コンバース」のスニーカー

    基礎服と応用形・gris souris 飯島里奈さんの「基礎服」へ ⇒

    <撮影/柳原久子(https://water-fish.co.jp/) 取材・文/福山雅美>

    飯島里奈(いいじま・りな)
    千葉市稲毛区で、手仕事のもの、暮らしの日用品を扱う店「グリスーリ」を営む。着心地のよい天然素材の服も多く扱い、ワークショップやイベントなども多数開催。
    インスタグラム@grissouris_inage
    https://www.instagram.com/grissouris_inage/

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    This article is a sponsored article by
    ''.