• 基礎化粧があるように、おしゃれのベースには基礎服があります。これがきまれば、何通りにも着こなせます。今回は、WICA GROCERYの折原陽子さんの基礎服をベースにした「応用」を教えていただきました。
    (『天然生活』2016年10月号掲載)

    基礎服と応用形・WICA GROCERY 折原陽子さんの「基礎服」へ ⇒

    応用 よそいき

    画像: 応用 1 よそいき

    ぱっと目をひく鮮やかな赤いワンピースを主役に、基礎服をインナー感覚で使う着こなし。パンツが長すぎると重たい印象になるので、ワンピースの丈と合わせてロールアップ。白ソックスを見せて軽さを出すのが、バランスよく見えるポイント。黒のハットと大きめトートバッグで、きりりと引き締めて。

    足したもの

    • 「シュアン」のカシュクールワンピース
    • 古着屋で見つけた帽子
    • 「マーガレットハウエル」の靴
    • 自作のバッグ

    応用 ちょっとそこまで

    画像: 応用 2 ちょっとそこまで

    透け感のある薄手の白スカートは、スパッツが透けていると脚の形が丸見えで、少々、気恥ずかしいもの。腰まわりがゆったりしたジョッパーズなら、うっすら見えても問題なし。白の分量が多いモノトーンは、さわやかな雰囲気。スカートのボリューム感に負けない、大きなかごバッグを合わせて。

    足したもの

    • 「シュアン」のギャザースカート
    • 「サンダース」のブーツ
    • アンティークのかごバッグ

    応用 学校行事へ

    画像: 応用 3 学校行事へ

    ジャケットは、つい無難なダークカラーを選んでしまいがちだけれど、基礎服に黒を選べば、ちょっと冒険色の白をチョイスできる。足元は、ストッキング+ヒールを選ぶと “いかにもな学校スタイル” になってしまいそうだから、白ソックス+ローファーで、ちょっぴりはずして自分らしさを。

    足したもの

    • 「マカフィー」のジャケット
    • 古着屋で買ったメガネ
    • 「チカ」のバッグ
    • 「リーガル」のローファー

    基礎服と応用形・WICA GROCERY 折原陽子さんの「基礎服」へ ⇒

    <撮影/柳原久子(https://water-fish.co.jp/) 取材・文/福山雅美>

    折原陽子(おりはら・ようこ)
    埼玉の自宅で「yuzuri」を営み、人気となる。現在は、暮らしの手仕事をすくい集め、旅するように各地へ運ぶ移動型店舗「wicagrocery」として活動中。
    http://wicagrocery.com

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    This article is a sponsored article by
    ''.