• 二十四節気 大暑(7月22日~8月6日)
    日々の暮らしの中にある季節の移ろいを
    白井明大さんの詩・文と當麻妙さんの写真で綴ります。

    南風を呼んで


    島ではね
    真夏の風を
    真南風と言うの

    まはえ と言ったり
    まふぇー と呼んだり
    まみなみかぜ
    とは言わなくて

    昔は
    南風を
    はえ
    と言った
    この島だけのことでなく
    古い古い昔の話

    いつか帰りたくなったとき
    窓を開けて
    真南風を感じて
    まはえ
    まふぇー
    とつぶやいてみて

    言葉は記憶
    心をしまってある
    箱だから

    声に出したら
    あふれ出るから

     

    季節の言葉:真南風(まはえ/まふぇー)

    一年でもっとも暑い季節、二十四節気の大暑が、七月二十二日からはじまります。

    暑さにバテて、疲れが出やすい時期なので、昼は仮眠をとったり、夜は湯船につかったり、ふだんよりも体をいたわってあげて。

    そんな盛夏に南から吹く季節風のことを、沖縄では真南風といいます。真南風には、幸せを運んでくる風という意味もあるのだとか。わたしはどんなときに幸せを感じるだろう? なんて、陽気に満ちあふれた風を浴びながら、思い巡らせてもいいかもしれません。

    八月二日から六日まで、七十二候*では「大雨時行る(たいうときどきふる)」の候です。

    みるみるうちに入道雲が空を覆ったかと思うと、ザアーッと夕立が来ることも。軒先に駆け込んで、しばしの雨宿り。

    *七十二候……旧暦で一年を七十二もの、こまやかな季節に分けた暦。日付は2020年のものです。


    白井明大(しらい・あけひろ)
    詩人。沖縄在住。詩集に『生きようと生きるほうへ』(思潮社、丸山豊賞)ほか。近著『歌声は贈りもの こどもと歌う春夏秋冬』(福音館書店)など著書多数。新刊に、静かな旧暦ブームを呼んだ30万部のベストセラー『日本の七十二候を楽しむ ー旧暦のある暮らしー 増補新装版』(KADOKAWA)。

    當麻 妙(とうま・たえ)
    写真家。写真誌編集プロダクションを経て、2003年よりフリー。雑誌や書籍を中心に活動。現在、沖縄を拠点に風景や芸能などを撮影。共著に『旧暦と暮らす沖縄』(文・白井明大、講談社)。写真集『Tamagawa』。
    http://tomatae.com/


    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    読みもの,連載,二十四節気ことのはノート,二十四節気七十二侯

    This article is a sponsored article by
    ''.