• 料理家の松田美智子さんに鶏つくねの大葉のせのつくり方を教えていただきました。中にも表にもたっぷりと大葉を使った逸品です。

    鶏つくねの大葉のせのつくり方

    画像: 鶏つくねの大葉のせのつくり方

    中に大葉が入っているので表の大葉がなくても楽しめる。

    材料(つくりやすい分量)

    ● 鶏胸ひき肉50g
    ● A
    ・ 豚赤身ひき肉200g
    ・ 大葉(せん切り)1束分
    ・ ねぎ(みじん切り)1/4カップ
    ・ 生姜(みじん切り)大さじ1/2
    ・ 味噌大さじ2
    ・ こしょう少々
    ・ 酒大さじ2
    ● ごま油大さじ1
    ● 酒大さじ2
    ● 大葉適宜
    ● 薄力粉適宜

    つくり方

     Aを粘りが出るまでよく混ぜ、ピンポン球を潰したぐらいの形に整えて茶こし等で薄力粉を振る。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方
    画像3: つくり方
    画像4: つくり方
    画像5: つくり方

     熱したフライパンにごま油を入れて中温で熱し、を両面焼き、酒を回し掛け、蓋をして2~3分焼く。仕上げに蓋を取り、強火で焼き上げる。

    画像6: つくり方
    画像7: つくり方
    画像8: つくり方
    画像9: つくり方

     水気を抑えた大葉に、茶こし等で薄力粉を裏面に振り、肉団子が熱いうちに、上下に挟み、器に盛り付ける。

    画像10: つくり方
    画像11: つくり方

    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像12: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)



    This article is a sponsored article by
    ''.