• シンプルで使い勝手がよく、日々の暮らしになじむ「無印良品」のアイテム。気負わず使える「ちょうどいい、ふつうのよいもの」は、私たちの小さな暮らしをさりげなく支えてくれています。エッセイスト・柳沢小実さんに、 “実は頼りにしている無印良品の愛用品” を伺いました。

    柳沢さんのお気に入り①
    ウールのインナー

    画像: 柳沢さんのお気に入り① ウールのインナー

    汗冷えしにくく、天然の防臭効果もあるウールのインナー。登山をきっかけに身に着けるようになって以来、一年中ウールの心地よさに包まれています。

    無印良品のウールインナーは脇の縫い目がないため、さらに快適。価格もお手頃で、レディースのタンクトップ型、フレンチスリーブ型(冬はこれが特におすすめ)、メンズのTシャツを愛用しています。永遠になくならないでほしいシリーズです。

    脇に縫い目のないウールタンクトップ

    画像: 婦人S・黒 価格:1,990円(税込)(画像提供:良品計画)

    婦人S・黒 価格:1,990円(税込)(画像提供:良品計画)

    脇に縫い目のない ウールフレンチスリーブTシャツ

    画像: 婦人S・オフ白 価格:1,990円(税込)(画像提供:良品計画)

    婦人S・オフ白 価格:1,990円(税込)(画像提供:良品計画)

    画像1: エッセイスト・柳沢小実さんの暮らしを支える日用品|頼りになる、私の無印良品

    「ウールと聞くと冬に着る暖かいイメージですが、吸湿性に優れ、通年着用できる自然素材のインナーです。抗菌防臭性もあり、自宅で洗濯もできて、近年人気が高まっている商品です」(株式会社良品計画・有山さん)

    柳沢さんのお気に入り②
    ラインマーカー

    画像: 柳沢さんのお気に入り② ラインマーカー

    ペン類は無印良品の“こすって消せるボールペン0.5mm” をはじめ、マーカー類も含めて書いた文字を消せるタイプを愛用しています。

    それなのに、こんなにかわいくて絶妙なカラーリングのラインマーカーに出合ってしまったら、たとえ消せなくても買うしかない。特にからしいろとうぐいすいろが、文字に色が乗る塩梅もちょうどよくて気に入っています。

    あと、デザインがすっきりしているから、ペンケースに沢山入れてあってもごちゃついて見えずいいですよね。無印良品のステーショナリー、大好きです。

    ラインマーカー

    画像: カラー種類 :はいいろ、からしいろ、あんずいろ、うぐいすいろ、ほか 価格:各50円(税込)(画像提供:良品計画)

    カラー種類 :はいいろ、からしいろ、あんずいろ、うぐいすいろ、ほか 
    価格:各50円(税込)(画像提供:良品計画)

    画像2: エッセイスト・柳沢小実さんの暮らしを支える日用品|頼りになる、私の無印良品

    「無印良品らしい落ち着いた色のマーカーは、ほかにはあまりないラインナップです。大人の方にも使いやすく、現在中高生の間でも大人気です」(株式会社良品計画・有山さん)

    柳沢さんのお気に入り③
    スケジュール&チェックリスト付箋紙

    画像: 柳沢さんのお気に入り③ スケジュール&チェックリスト付箋紙

    私の偏愛アイテムのひとつが付箋で、この二つは旅ノートを書くときに特に使っています。

    ウイークリー付箋は旅ノートの最初のページに貼って、旅のスケジュールを書き込む。To do 付箋は行きたいお店ややりたいことを書きだすのに便利です。

    また、毎朝その日にやること(仕事や家事、買い物など生活のすべて)をTo do 付箋に書きこみながら、優先順位や大まかな時間配分などを考えたりもしています。

    私は「書く」ことを通じて頭の中を整理しているので、それを貼ったりはがしたりできるフレキシブルさがありがたいです。

    フリースケジュール付箋紙

    画像: ウイークリー・13枚 価格:100円(税込)(画像提供:良品計画)

    ウイークリー・13枚 価格:100円(税込)(画像提供:良品計画)

    インデックスにもなるチェックリスト付箋紙

    画像: 3色・各10枚 30枚 価格:250円(税込)(画像提供:良品計画)

    3色・各10枚 30枚 価格:250円(税込)(画像提供:良品計画)

    画像3: エッセイスト・柳沢小実さんの暮らしを支える日用品|頼りになる、私の無印良品

    「今はスマートフォンでスケジュール管理をしながら、並行して、自分に合った付箋を組み合わせてノートをカスタマイズし、毎日のやることを管理している方も多いようです」(株式会社良品計画・有山さん)

    柳沢さんのお気に入り④
    ブリキのパン焼き網(Found MUJI)

    画像: 柳沢さんのお気に入り④ ブリキのパン焼き網(Found MUJI)

    昔々、たしか雑誌『オリーブ』で見た、ポルトガルのパン焼き網。ガスコンロの上に置いて使うと、パンにドットの焼き色がついて、強く印象に残っていました。

    ずっと探していたけれど、なんでもない日用品だけになかなか手に入らなくて。それが、数十年後に無印良品のFound MUJIでひょっこり見つかりました。

    パンは直火焼き派で、普段は魚焼きグリルで焼いていますが、他のことに気を取られて焦がしてしまうこともあったんですね。これを使えば、そんな心配はありません。外はカリッ、中はふんわり。とびきりおいしく焼ける、いい道具です。

    ブリキ パン焼き網

    画像: サイズ:約幅19×長さ32cm(取っ手含む)価格:650円(税込)(画像提供:良品計画)

    サイズ:約幅19×長さ32cm(取っ手含む)価格:650円(税込)(画像提供:良品計画)

    画像4: エッセイスト・柳沢小実さんの暮らしを支える日用品|頼りになる、私の無印良品
    「ポルトガルの家庭用として使われているパンを焼くためのブリキの網は、以前Found MUJIで紹介したのですが、これまで「FoundMUJI」で取り扱ってきたアイテムの中から、毎日のくらしに重宝する道具を選び直して紹介する現在開催中の“FoundMUJI basics”展でも紹介されています」(株式会社良品計画・有山さん)

    ※ ※ ※  ※  ※

    日頃ものを選ぶとき、大切にしていることを教えてください

    使ううえでの心地よさ。道具としての使い勝手や質の良さはもちろんのこと、環境負荷なども重視しています。

    また、手に入れたら長く使うことが多いため、使用頻度や年数も考慮して予算を決めています。

    無印良品は暮らしのなかでどんな存在ですか?

    “これ、なんでもないデザインや色だといいのに”と思うものは、たいてい無印良品にある。

    シンプルなものが部屋のノイズを減らして、すっきりした暮らしを支えてくれるので助かっています。


    教えてくれた人

    画像: 無印良品は暮らしのなかでどんな存在ですか?

    柳沢小実(やなぎさわ・このみ)
    エッセイスト。衣・食・住に造詣が深く、著書は30冊以上。確かなもの選びの目に定評があり、商品開発も手がける。著書『すっきり暮らすためのもの選びのコツ』(大和書房)が好評発売中。
    https://www.furarifurari.com/
    インスタグラム:@tokyo_taipei



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,暮らしの知恵,生活雑貨,私の無印良品,無印良品,柳沢小実

    This article is a sponsored article by
    ''.