• 『天然生活』2022年4月号の表紙は、飛田和緒さんの色あざやかな三色弁当です。

    お弁当は、気楽に気長に!

    今回、お弁当特集で、つくりおきで1週間お弁当を教えてくださった、料理家の飛田和緒さん。

    お弁当は毎日のことだから、気負わずにつくれるものが一番!とアドバイスしてくれました。

    肉そぼろやゆで野菜、きんぴらごぼうなど、常備菜6品をうまく組み合わせると、1週間はもちろん、日々のごはんのおかずにも。常備菜はふだんの食事にも重宝します。

    表紙になった、月曜日の三色弁当は、つくりおきをお弁当箱に詰めるだけ。

    忙しい月曜日の朝にぴったりのお弁当です。

    画像1: お弁当は、気楽に気長に!

    ちなみに、表紙撮影はこうしてモニターを見ながら調整して、文字が載る位置や余白などを計算しつつ、撮影していきます。

    画像2: お弁当は、気楽に気長に!

    布のしわもきれいに伸ばして撮影したいため、慎重に。このあと、ライターの吉田さんと私は黒子になり、両サイドから布を静かに引っ張りつつ、カメラマンの川村さんが静かにシャッターを押すのを待ちました。

    画像3: お弁当は、気楽に気長に!

    そして撮影後は試食タイム。1週間のお弁当を一度にいただく、夢のような時間です。飛田先生のレシピはシンプルでありながら、味のバランスがよく、箸が進むおかず揃い。ソーシャルディスタンスを保ちつつ、「おいしい!」「いくらでも食べられそう!」と、感動しながらいただきました。

    組み合わせに加えて、飛田先生が教えてくれた、お弁当のアイデアがもうひとつ。

    「おかずは少しずつ多めにつくって『ためる』のも手。1人分、1回分に分けて、冷蔵庫の奥に紛れないように、専用の容器に入れて。手前に置くと忘れませんよ」

    このアイデアで、私は日々のお弁当づくりがぐんと楽になりました。ぜひ4月号のお弁当レシピと合わせて、お試しくださいませ。

    飛田先生、スタッフ、みなさまのお力で撮影できた表紙です。ぜひじっくりご覧いただけましたら幸いです。

    撮影の川村隆さん、取材・文の吉田佳代さんに心からの感謝を込めて。

    ※ 飛田和緒さんの記事「つくりおきで1週間お弁当」は、『天然生活』2022年4月号、P.14~19に掲載されています

    * * *

    『天然生活』2022年4月号

    『天然生活』2022年4月号

    ほっと幸せ、いつものお弁当/春から始める太らない暮らし

    別冊付録:榎本美沙さんの発酵料理レシピ|春・夏編| 付き

    『天然生活』2022年4月号

    amazon.co.jp

    特別定価:850円(税込)



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    編集部より,最新号&新刊紹介,連載,表紙の一枚,飛田和緒

    This article is a sponsored article by
    ''.