• 料理家の松田美智子さんにちぢみほうれんそうのホットサラダのつくり方を教えていただきました。セミドライトマトのうま味をプラスすると、味もゴージャスに。手軽ながらも食卓の主役になる一品です。

    ちぢみほうれんそうのホットサラダのつくり方

    画像: ちぢみほうれんそうのホットサラダのつくり方

    ベーコンをにんにくとカリカリに炒め、ほうれんそうとあえる、定番のホットサラダです。冬ならではのちぢみほうれんそうを使えば、うま味や甘みもアップ。

    チーズととろっとした温泉卵を加えて、熱々のうちに召し上がってください。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● ちぢみほうれんそう1束
    ● ベーコン70g
    ● セミドライトマト大さじ1
    ● 温泉卵1個
    ● パルメザンチーズ1/2カップ
    ● 白ワインビネガー大さじ1と1/2
    ● オリーブオイル1/4カップ
    ● にんにく(スライス)大さじ1
    ● 塩、こしょう少々

    つくり方

     ほうれんそうは3、4cm長さに切りそろえ、軸下3~4cmは先端のみ切り落とし、縦に6等分する。ペーパータオルに包んで冷蔵庫で乾燥させる。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方

    ※捨ててしまうことの多い軸のピンクの部分は、実は甘くて栄養素が高くおいしい部分。熱が入りやすいよう切り込みを入れて一緒に使うのがおすすめ。

    画像3: つくり方

     セミドライトマトは、繊維を断ち切り、みじん切りにする。ベーコンは薄切りにする。

    画像4: つくり方

     フライパンを弱火で熱し、ベーコンを炒める。肉の脂が出てきたら火を強める。焼き色がついたら火を止めて取り出し、ペーパータオルの上で油をきる。

    画像5: つくり方

     同じ鍋にオリーブオイル、にんにくのスライスを入れ、弱火にかける。にんにくが色づいたら、徐々に火を強くしてカリッと香味を出す。ある程度熱が回ったら火を止めてにんにくを取り出し、ペーパータオルにのせる。

    画像6: つくり方

     の鍋の熱があるうちにセミドライトマト、白ワインビネガーを加え、塩、こしょうで調味して混ぜ合わせる。

    画像7: つくり方

     大きめの皿にほうれんそうとベーコンを盛り付け、ペーパータオルの上からくだいたにんにくをふりかける。中央から熱々のドレッシングを回しかけ、チーズをふりかける。最後に温泉卵をのせる。

    画像8: つくり方
    画像9: つくり方

    ちぢみほうれんそうのこと

    画像1: ちぢみほうれんそうのこと

    「ちぢみほうれんそう」は、寒い環境で栽培される冬季限定のほうれんそう。名前のとおり、ちぢんだ肉厚な葉で、通常の「ほうれんそう」よりもうま味や甘みが強いのが特徴です。

    ほうれんそうはβ-カロテンや鉄やマグネシウム、亜鉛などのミネラル類が豊富で、鉄分の吸収をサポートするビタミンCやビタミンB群がバランスよく含まれていることで知られていますが、ちぢみほうれんそうはビタミン類をさらに豊富に含みます。乾燥する冬場の乾燥肌対策としても効果が期待できるので、女性にうれしい食材といえます。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像2: ちぢみほうれんそうのこと

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.