• さわやかで繊細な夏糸で彩るキッチン小物綿や麻の編み糸でつくる小物は、ちょこっと編めて、工夫次第でキッチンまわりが楽しくなります。今回は、ガーター編みに布で縁取りをつけて、コースターとマットに仕上げます。
    (『天然生活』2017年8月号掲載)

    ガーター編みに布で縁取りを

    合太ほどのコットン糸を棒針で四角く編み、コースターとマットに。

    ベースは、編み図にすると一段ごとに表目と裏目が交互の表記ですが、操作としてはひたすら表編みだけで仕上がる、ガーター編みです。だから、大きさもアレンジ自在。

    周りを布で縁取りすれば、端がまっすぐ整わなくても目隠しになり、気軽に挑戦できます。

    画像: 手染めのオーガニックコットンでやさしいタッチに。サイズの大きいものには裏にループを付けても

    手染めのオーガニックコットンでやさしいタッチに。サイズの大きいものには裏にループを付けても

    How to knit

    画像: How to knit

    A・Bの材料(1枚分)

    • ナーチャリング ファイバー ECO-COTTON(ミント) 10g
    • 縫い糸 適量
    • バイアス布(リバティプリント) 3.5cm幅 約50cm

    Cの材料

    • ナーチャリング ファイバー ECO-COTTON(ライム) 20g
    • バイアス布(リバティプリント) 3.5cm幅 約70cm
    • 縫い糸 適量

    用具
    4号2本棒針、とじ針、縫い針、3/0号かぎ針(Cのみ)

    でき上がり寸法
    A・B:11cm×11cm
    C:16cm×16cm

    編み方

    1. 棒針を使い、指にかけるつくり目で目をつくり、ガーター編みで本体をそれぞれ編み、編み終わりを伏せ目する。
    2. 編み地の周囲をバイアス布で縁取りする。
    3. Cは、かぎ針を使い、くさり編みでループをつくる。

    A・B

    C

    画像1: 「ガーター編みに布で縁取りを」 村林和子さんの夏糸で彩るキッチン小物
    画像2: 「ガーター編みに布で縁取りを」 村林和子さんの夏糸で彩るキッチン小物

    A〜C本体の編み方図

    画像1: 編み方

    縁取りの仕方・ループのつくり方

    画像2: 編み方
    画像3: 編み方
    画像4: 編み方
    画像5: 編み方
    画像6: 編み方
    画像7: 編み方
    画像8: 編み方
    画像9: 編み方
    画像10: 編み方

    でき上がり

    画像3: 「ガーター編みに布で縁取りを」 村林和子さんの夏糸で彩るキッチン小物
    画像4: 「ガーター編みに布で縁取りを」 村林和子さんの夏糸で彩るキッチン小物

    <作品デザイン・制作/村林和子 撮影/公文美和 スタイリング/池水陽子 編み方/柳沢ゆり イラスト/たまスタヂオ>

    村林和子(むらばやし・かずこ)
    ニットデザイナー。「Kienn」主宰。文化服装学院ニッティング科卒業後、TVや書籍、雑誌を中心に多数の作品を発表。『Kienn knitting collection vol.1』など著書多数。
    http://www.kienn.net/

    材料提供/田嶋屋トレーディング
    ☎090-1121-6734
    http://www.tajimayatrading.com/

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌発売時のものです

    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.