• 『天然生活』誌上に、2012年11月号から2014年3月号まで掲載された、人気連載「松田美智子の季節の仕事」。その中から、すがすがしいゆずの香りをしっかりと閉じ込めた「ゆずの蒸しジャム」を取り上げた記事を紹介します。今回は、ゆずの蒸しジャムを使ったオープンサンドのレシピを。
    (『天然生活』2013年12月号掲載)

    生ハムとゴルゴンゾーラのオープンサンド ゆずの蒸しジャムを使って

    蒸し力で柚の風味が倍増  松田美智子

    ゴルゴンゾーラチーズの青カビ特有のぴりっとした辛味とゆずジャムのほろ苦味のある甘味が好相性。前菜にも食後にも。

    画像: 生ハムとゴルゴンゾーラのオープンサンド ゆずの蒸しジャムを使って

    材料(2人分)

    • 生ハム 2枚
    • ゴルゴンゾーラチーズ 50g
    • ゆずの蒸しジャム 大さじ2
    • バゲット 4枚

    つくり方

    1cm厚さに切ったバケットに生ハムまたはゴルゴンゾーラチーズをのせ、ゆずの蒸しジャムを添える。

    「ゆずの蒸しジャム」・松田美智子の季節の仕事へ ⇒
    「とりのから揚げゆず風味」・松田美智子さんの季節の仕事「ゆずの蒸しジャム」へ ⇒

    <料理/松田美智子 撮影/川村 隆 取材・文/小松宏子>

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった四季の保存食づくりをベースに、現代の生活でも無理なくできる、季節の食の楽しみを提案。

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    This article is a sponsored article by
    ''.