• 自分らしくおしゃれを楽しむ方々は、どんなクローゼットなのでしょう? 春夏秋冬の装いから、洋服のしまい方まで、その中身を拝見してみました。今回は、イラストレーター・山本祐布子さんのクローゼットから、季節ごとに「ふだん」と「お出かけ」の装いを紹介します。
    (『天然生活』2015年10月号掲載)

    の装い

    [ ふだん ]

    シャツ+デニムも大人色を選べばほどよく上品さが漂う

    画像: 「マーガレット・ハウエル」のシャツと、「アメリカン・ヴィンテージ」のデニムでカジュアルに。白を選べば、デニムでもすっきりと上品な印象になる。靴は動きやすさを重視して、「アディダス」のスタンスミス

    「マーガレット・ハウエル」のシャツと、「アメリカン・ヴィンテージ」のデニムでカジュアルに。白を選べば、デニムでもすっきりと上品な印象になる。靴は動きやすさを重視して、「アディダス」のスタンスミス

    [ お出かけ ]

    たった一枚でさまになるのがビンテージの特別感

    画像: 「ジバンシイ」のワンピースは、’50~’60年代のビンテージ。ヒールを履くときまりすぎてしまうから、厚手のタイツと「そのみつ」のレースアップシューズを合わせる。バッグは「ジャマン・ピュエッシュ」

    「ジバンシイ」のワンピースは、’50~’60年代のビンテージ。ヒールを履くときまりすぎてしまうから、厚手のタイツと「そのみつ」のレースアップシューズを合わせる。バッグは「ジャマン・ピュエッシュ」

    の装い

    [ ふだん ]

    暑い季節は、アイテム数を絞ってすっきり過ごす

    画像: 「アデュー トリステス」のワンピースは、ベルトでゆったりブラウジング。ベルトなしで着ても、ふわりとしたシルエットでかわいい。ベルトと足元の「レペット」を茶系でそろえ、ワントーンでシックにまとめる

    「アデュー トリステス」のワンピースは、ベルトでゆったりブラウジング。ベルトなしで着ても、ふわりとしたシルエットでかわいい。ベルトと足元の「レペット」を茶系でそろえ、ワントーンでシックにまとめる

    [ お出かけ ]

    真っ白なドレスに映える、ビーズのカラフルバッグ

    画像: コットンリネンのワンピースは「スポークン ワーズ プロジェクト」のもので、実はウエディングドレスをリメイクしたもの。クラシックな印象の一枚なので、足元は「ダンスコ」でほどよくカジュアルダウン

    コットンリネンのワンピースは「スポークン ワーズ プロジェクト」のもので、実はウエディングドレスをリメイクしたもの。クラシックな印象の一枚なので、足元は「ダンスコ」でほどよくカジュアルダウン

    の装い

    [ ふだん ]

    上質アイテムだからこそ、黒一色がここまできまる

    画像: リブカーディガンとパンツは、ともに10年以上前から愛用する「ジル・サンダー」のもの。バッグは、昔に買ったシンプルな「コーチ」で。「パトリック・コックス」のスニーカーの、白のラインがひそかなポイント

    リブカーディガンとパンツは、ともに10年以上前から愛用する「ジル・サンダー」のもの。バッグは、昔に買ったシンプルな「コーチ」で。「パトリック・コックス」のスニーカーの、白のラインがひそかなポイント

    [ お出かけ ]

    秋になると身に着けたくなる深い色合いのニット&ボトム

    画像: 「YUKI」のカーディガンはボタンを閉めて、プルオーバー感覚で使う。サスペンダー付きの「Disk1」のパンツは、ピンストライプのすっきりしたラインがお出かけ仕様。足元は、かっちりした「そのみつ」を

    「YUKI」のカーディガンはボタンを閉めて、プルオーバー感覚で使う。サスペンダー付きの「Disk1」のパンツは、ピンストライプのすっきりしたラインがお出かけ仕様。足元は、かっちりした「そのみつ」を

    の装い

    [ ふだん ]

    コートさえ押さえれば、冬のスタイルはあっさりきまる

    画像: ベーシックなコートは、4年ほど前に買った「エルメス」。ニットとパンツは、それぞれ「無印良品」と「ユニクロ」。コートさえ上質なものを着ていれば、全体が品よくまとまる。足元は軽やかに白の「アディダス」

    ベーシックなコートは、4年ほど前に買った「エルメス」。ニットとパンツは、それぞれ「無印良品」と「ユニクロ」。コートさえ上質なものを着ていれば、全体が品よくまとまる。足元は軽やかに白の「アディダス」

    [ お出かけ ]

    シンプルで上質なアイテムには柄タイツで遊び心を

    画像: 「ジル・サンダー」のワンピースは、そのシルエットをコートで隠すのがもったいないので、車移動でアウターを必要としないときに着用。靴はシンプルな「バリー」。「アンティパスト」の柄タイツでアクセントを

    「ジル・サンダー」のワンピースは、そのシルエットをコートで隠すのがもったいないので、車移動でアウターを必要としないときに着用。靴はシンプルな「バリー」。「アンティパスト」の柄タイツでアクセントを

    昔から手放せないもの

    雑誌で見かけてピンときたボッテガ・ヴェネタ

    10年ほど前に雑誌で見かけて「理想のバッグ」だと感じ、現地からわざわざ取り寄せたバッグ。素材のよさだけを際立たせる潔さがいい

    画像: 雑誌で見かけてピンときたボッテガ・ヴェネタ

    パリで見つけたスモーキートパーズのピアス

    10年ほど前、パリの「アドリーヌ アンドレ」で見かけたピアス。そのときはやり過ごしたものの、やはり気になり、帰国日に購入した

    画像: パリで見つけたスモーキートパーズのピアス

    最近、買ったもの

    ふたつ目のカミンスキーは、大人っぽいブラック

    「麦わら帽子といえば、『ヘレンカミンスキー』と思い込んでいます」。ナチュラルカラーは、すでに所有。ふたつ目は黒にして大正解だとか

    画像: ふたつ目のカミンスキーは、大人っぽいブラック

    ずっと前から大好きな、小鳥柄のストール

    「オールドマンズテーラー」のこの柄は昔から大好きで、ワンピースも持っていた。着古したものを、娘さんのために仕立て直したほど

    画像1: ずっと前から大好きな、小鳥柄のストール

    「クローゼットの中身」・イラストレーター 山本祐布子さんへ ⇒

    <撮影/柳原久子(https://water-fish.co.jp/) 取材・文/福山雅美>

    画像2: ずっと前から大好きな、小鳥柄のストール

    山本祐布子(やまもと・ゆうこ)
    京都精華大学テキスタイルデザイン科卒業。切り絵、ドローイングを用いた雑誌や広告のイラストレーションを手がけるほか、プロダクトデザインにも携わる。
    https://yukoyamamoto.jp

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.