• 暮らしの中心、テーブルと椅子を手に入れるなら、慎重に選びたい。取材を通してわかったのは、家具は暮らしのなかで育てていくもの。だんだんと “わが家の顔” になっていくということでした。今回は、「LIFE」「LIFE son」オーナーシェフ・相場正一郎さん、千恵さんのお宅を訪ねました。
    (『天然生活』2017年12月号掲載)

    背伸びして手に入れてそれに追いつく自分になる

    栃木出身で高校の同級生だったという相場さんご夫妻。上京し、ふたりで暮らしはじめたころに初めて買ったのが、「パシフィック ファニチャー サービス」のテーブルでした。

    実は、飲食店を営む正一郎さんのご実家では、お父さまや店舗の内装を手がけてくれたおじさんが大の家具好きで、自身も幼いころからシェーカー家具などに触れて育ってきたそう。

    「いいものを長く使うこと。経年変化を楽しむことを教えてもらいましたね」と正一郎さん。ダイニングテーブルは、当時のふたりにとっては高価でしたが、エイッと思いきって手に入れたときのワクワク感が忘れられないそう。

    画像: 「パシフィック・ファニチャー・サービス」の「OPERATION B TABLE」 20年以上前に買ったもの。使い込んで飴色のつやが出てきた。天板は、無垢のナラ材の寄せ木。無垢材を利用したリーズナブルな価格が魅力。天板と脚は取り外し可能で、脚を折りたたむこともできる

    「パシフィック・ファニチャー・サービス」の「OPERATION B TABLE」
    20年以上前に買ったもの。使い込んで飴色のつやが出てきた。天板は、無垢のナラ材の寄せ木。無垢材を利用したリーズナブルな価格が魅力。天板と脚は取り外し可能で、脚を折りたたむこともできる

    画像: テーブルの天板は寄木になっている。コーヒーを入れるのは正一郎さんの役目。おやつはタルイベーカリーのパン

    テーブルの天板は寄木になっている。コーヒーを入れるのは正一郎さんの役目。おやつはタルイベーカリーのパン

    さらに、雑誌を見て憧れていたのが、大阪の家具ショップ「トラック」でした。ご自身のレストラン「LIFE」のオープン時に大阪のショップを訪ね、店用と自宅用に「EIGHT CHAIR」をオーダーしたそうです。

    普通なら、店舗用の什器はコストを抑えるところですが、「とにかく自分の大好きな家具を」とそろえたのが正一郎さんのすごいところ。その後、「LIFE son」「LIFE sea」をプロデユースしたときも同じです。つくりたかったのは、レストランというよりも、おいしいものを食べ、仲間とおしゃべりし、ひと時を過ごす「場」だったよう。

    画像: 「トラック」の「EIGHT CHAIR」 初めて「トラック」を訪れ、購入したのが、この椅子。小さくて愛らしい形が特徴。「LIFE」をオープンしたときには、この椅子を6脚そろえたそう。小ぶりでも座り心地は抜群

    「トラック」の「EIGHT CHAIR」
    初めて「トラック」を訪れ、購入したのが、この椅子。小さくて愛らしい形が特徴。「LIFE」をオープンしたときには、この椅子を6脚そろえたそう。小ぶりでも座り心地は抜群

    画像: ボロボロになるまでページをめくったカタログ 「トラック」オーナー・黄瀬徳彦さんと唐津裕美さんが、みずから写真を撮り手がけた一冊。発行当時、インテリア好きの間で大きな評判を呼んだ。相場さんもバイブルのように何度も眺めたそう

    ボロボロになるまでページをめくったカタログ
    「トラック」オーナー・黄瀬徳彦さんと唐津裕美さんが、みずから写真を撮り手がけた一冊。発行当時、インテリア好きの間で大きな評判を呼んだ。相場さんもバイブルのように何度も眺めたそう

    あれから16年。ご自宅のダイニングテーブルはいまもずっと変わりません。

    「友達などを招くと小さくて……。何度も買い替えようとしたんですが、やっぱりこれがいい、って、落ち着くんです」と笑う奥さまの千恵さん。

    最近、「トラック」のアームチェアの生地を張り替えたばかり。さらに、新たに20周年記念モデルの椅子が仲間入りしました。

    画像: 「トラック」の「TAMO ARM DINING CHAIR」 15~6年前に買ったこの椅子は、当初、グレー生地だったが、座面が抜けて生地も傷んできたので、2年前に同ブランドの「DT SOFA」の生地に張り替えた。手を加えて時を継いでいくのが好き

    「トラック」の「TAMO ARM DINING CHAIR」
    15~6年前に買ったこの椅子は、当初、グレー生地だったが、座面が抜けて生地も傷んできたので、2年前に同ブランドの「DT SOFA」の生地に張り替えた。手を加えて時を継いでいくのが好き

    「張り替えたり、オイルを塗ったり。手を加えながら使いつづけるのが楽しいですね」と正一郎さん。

    ちょっと背伸びして手に入れ、その家具に見合う自分になる……。ご夫婦にとって、テーブルと椅子は、ともに成長する相棒のようでした。

    おまけの一脚

    画像: 「トラック」の20周年記念モデルを新たに購入 「トラック」の定番「FURROWED-LEATHER ARM CHAIR WOOD FRAME」は、スチールの脚にオーク材の肘掛け、レザーの張り地だった。これをナラ材のフレームに替えて、アニバーサリーモデルとして誕生した

    「トラック」の20周年記念モデルを新たに購入
    「トラック」の定番「FURROWED-LEATHER ARM CHAIR WOOD FRAME」は、スチールの脚にオーク材の肘掛け、レザーの張り地だった。これをナラ材のフレームに替えて、アニバーサリーモデルとして誕生した



    <撮影/尾嶝 太 取材・文/一田憲子>

    相場正一郎、千恵(あいば・しょういちろう、ちえ)
    2003年に東京・代々木公園にカジュアルイタリアン「LIFE」をオープン。現在は「LIFE son」「LIFE sea」など全国に5店舗を運営する。千恵さんは、歯科衛生士として長年働き、今年から「LIFE」の仕事を手伝うようになった。
    http://www.s-life.jp/

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.