• 朝の過ごし方が、その日一日の流れを決定づけます。暮らし上手な女性たちには、それぞれ自己流の工夫がありました。今回は、水彩画家・テキスタイルデザイナーの伊藤尚美さんに朝を楽にしてくれる工夫の色々を伺います。
    (『天然生活』2016年5月号掲載)

    あわてないための、小さな工夫を欠かさずに

    忙しい日々を送りながらも、「朝ごはんとお弁当の食材は重ならないように」「野菜は生と火を入れたものを用意する」などを工夫して、伊藤さん家の食事は日々、豊かです。

    息子の詩大(うた)くんも、幼稚園の思い出を語る発表会で「お弁当の時間に、お野菜がいっぱいでうれしかった」と話していたほど。

    その食を支えるのは、日々、仕込んでおく「つくりおき」や、新鮮な地のものの野菜。おいしい豆腐や油揚げといった、「切るだけ、火を入れるだけでおいしい」食材も、その一端を担います。

    「つくりおき」も凝ったものは仕込まずに、ふだんの食事の準備のついでにつくれるものがほとんど。けれど、この細やかな食まわりの「段取り」が、朝の忙しい時間帯にもあわてずにすむよう助けてくれるのです。

    平日は家事に仕事にと集中する分、週末のどちらかは「お母さん業」をひと休み。「明日の朝は、お母さん、ごはんをつくりませーん。お父さんと僕とでお願いします」と宣言して寝ると、翌朝は父子ふたりで何やら楽しそうにつくっていたりして、ひと休みできつつ、「また今週もがんばろう」と新たな気持ちになるそうです。

    むだな家事は省き、ときには家族に頼り、自分らしいペースを守る。伊藤さんの朝時間は、そんなふうに、続いているそうです。

    朝を楽にしてくれる前日の段取り

    服や持ち物をあらかじめ準備

    画像: 服や持ち物をあらかじめ準備

    打ち合わせなどで出かけるときは、前の晩のうちに着る服などをコーディネートしておき、ハンガーにかけて整えておく。その際、持っていく荷物も、同じ場所に置くように。「朝は、どうしてもあわただしくなってしまうので、こうしておくと安心です」

    時間のあるときに、つくりおき

    画像: 時間のあるときに、つくりおき

    箸休めになる甘酢漬け、塩もみした野菜など、食事の支度のついでに仕込める「ストック」を、常に何種類か冷蔵庫に。お弁当用のおかずは、小分けにして冷凍庫にも。ハンバーグなどは、お弁当用と夕食用の2サイズをつくって冷凍保存しておくと便利。

    素材自体がおいしい食材を

    画像: 素材自体がおいしい食材を

    余計な味つけや調理をしなくても、切っただけ、ゆでただけでも「おいしい」と感じられる素材を常にストックしておく。伊藤さんが暮らす伊賀は周りに農家も多く、新鮮な産直野菜が手軽に手に入るのがうれしく、「常に野菜たちに助けられている」そう。

    「つけるだけ」の水だしを活用

    画像: 「つけるだけ」の水だしを活用

    平日の朝ごはんはほぼ米食なので、お味噌汁用のだしまでは前の晩に準備。「鍋に昆布と干ししいたけを入れて、水だしにしておくだけ。煮出してこす必要もないし、時間の短縮にもなります」。朝は切った野菜を入れて、味噌を溶くだけなので気楽。

    日々を豊かにする小さなこと

    画像: アトリエの窓からは、自然豊かな伊賀の風景が眺められる。時間帯や季節によって移ろう様子を見つめることが、何よりの贅沢

    アトリエの窓からは、自然豊かな伊賀の風景が眺められる。時間帯や季節によって移ろう様子を見つめることが、何よりの贅沢

    画像: 毎朝、やかん一杯沸かしている三年番茶は、子どもも水筒に入れて幼稚園に持っていく。「体を温めてくれて、味も私好みです」

    毎朝、やかん一杯沸かしている三年番茶は、子どもも水筒に入れて幼稚園に持っていく。「体を温めてくれて、味も私好みです」

    画像: 駅前広場で月1回開催される「伊賀風土 FOODマーケット」では、地元の農家や老舗が多数出店。足を運んで、物色するのが楽しみ

    駅前広場で月1回開催される「伊賀風土 FOODマーケット」では、地元の農家や老舗が多数出店。足を運んで、物色するのが楽しみ



    <撮影/ヨシダダイスケ 取材・文/田中のり子>

    画像: 日々を豊かにする小さなこと

    伊藤尚美(いとう・なおみ)
    書籍・広告・絵本などで幅広く活躍中。テキスタイルブランド「nani IRO」も20年目。作品の源となる暮らしを綴ったフォトダイアリー『詩を描くPOETRY TEXTILE』(ITSURA BOOKS)が好評発売中。

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.