• 天然生活2020年8月号の巻頭「いつもの器で愉しむ花しつらい」で、ご自身が実際に愛用する器に季節の草花を生けてくださった、フラワースタイリスト・平井かずみさん。美しい花とともに、ふだんの器を使って花をしつらえるポイントを、わかりやすくご紹介くださっています。ここでは、誌面で紹介しきれなかった、平井さんの愛用の器についてのお話を伺いしました。今回は、グラスと片口のお話です。

    もっと気軽に、暮らしのそばに草花を。

    それが、フラワースタイリスト・平井かずみさんが提案する「日常花」。

    花は、どんなものでもいいのです。フラワーショップで、心ひかれたものを1本だけ持ち帰るのもいいし、ベランダで育てているハーブを摘んで飾るのも素敵。

    「本来、花と暮らすことには何のルールもないんですよ。よく、『家に花器がないから、お花を飾れないんです』とおっしゃる方がいるけれど、水を張れる器ならば、どんなものにもお花を生けていいんです」

    そこで、天然生活2020年8月号では「いつもの器で愉しむ花しつらい」と題して、ガラスのコップ、片口、平皿など、平井さんが実際に愛用する器に季節の草花を生けていただきました。

    7種ある器のうち、今回は、愛用のグラスと片口についてのお話を伺います。

    ではさっそく、平井さん愛用の器を見せていただきましょう。

    まずはシンプルなグラスから

    画像1: まずはシンプルなグラスから

    写真のように1~2本ずつ生けるなら、繊細なイメージの細めのグラスが素敵。

    中央にくびれのあるグラスは、料理家の渡辺有子さんが主宰する「FOOD FOR THOUGHT」のもの。フランスのアンティークグラスを、渡辺さんがリデザインしたものだそう。

    そのほか、繊細な模様が美しいフランスの蚤の市で購入したグラスや、シンプルな「木村硝子店」のうすはりガラスのタンブラーなど、日々、お茶を飲んだりワインを楽しんだりするグラスをそろえました。

    「グラスの花生けは、初心者にぴったり。水の量もひとめでわかりますし、水の濁りにもすぐ気づけるので、水の替えどきも見逃すことがありません」

    画像2: まずはシンプルなグラスから

    片口の鉢には、大輪の花を

    画像1: 片口の鉢には、大輪の花を

    すでにたくさん持っているのに、つい、増やしてしまうという片口の器。

    いつもは食卓で活躍している器が、今回は花器として登場。

    なめらかなフォルムの角田淳さんの片口は、その温かみのある白さが、まるで花をやわらかに包み込んでくれるよう。

    「お料理を盛っても、花生けしても、片口は“口”があるだけで不思議とさまになります。器の浅く広いイメージを生かして、大輪の花をゆったりともたせかけるように生けるとバランスがいいですね」

    画像2: 片口の鉢には、大輪の花を

    器選びにはその人らしさが出ているから、わざわざ花器を買って生けるよりも、暮らしの空間にすんなりなじみます。

    「まだ草花に縁のない人こそ、“いつもの器”に生けることをおすすめします。草花と自分との距離が、自然に近くなりますよ」


    <スタイリング/平井かずみ 撮影/宮濱祐美子 取材・文/福山雅美>

    平井かずみ(ひらい・かずみ)
    フラワースタイリスト。「ikanika」主宰。インテリアショップ勤務を経て、挿花家・谷国子氏に師事。“しつらえる”という感覚を大切に、暮らしのなかに季節の草花を取り入れる「日常花」を提案。「cafeイカニカ」を拠点に、花の会やリース教室を全国各地で開催。雑誌や広告、イベントでのスタイリングや、ラジオやテレビなど多方面で幅広く活躍中。著書に『花のしつらい、暮らしの景色』『あなたの暮らしに似合う花』(ともに扶桑社)、『フラワースタイリング ブック』(河出書房新社)、『季節を束ねるブーケとリース』(主婦の友社)などがある。

    ◇ ◇ ◇

    『花のしつらい、暮らしの景色』(平井かずみ・著)
    天然生活の本
    『花のしつらい、暮らしの景色』(平井かずみ・著)

    『花のしつらい、暮らしの景色』(平井かずみ・著)

    A5判
    定価:本体 1,400円+税
    ISBN:9784594083748
    『あなたの暮らしに似合う花』(平井かずみ・著)
    天然生活の本
    『あなたの暮らしに似合う花』(平井かずみ・著)

    『あなたの暮らしに似合う花』(平井かずみ・著)

    B5変形判
    定価:本体 1,700円+税
    ISBN:9784594083786

    This article is a sponsored article by
    ''.