• 本格的なスパイスを使って元気な体をつくりませんか。マバニ・マサコさんに、インドの優しいお母さんの味 「じゃがいものスパイス焼き(アルーティキ)」 のつくり方を教えていただきます。

    じゃがいものスパイス焼き(アルーティキ)のつくり方

    日本ではお焼きや、いも餅などがありますが、このスパイシーケーキも同じようにインドの家庭でよく作られるお母さんの味です。

    なめらかになるまで十分に潰したじゃがいもに、スパイスや香り野菜を加え焼いて仕上げます。

    私はこれを初めて食べた時、こんな優しい味のインド料理もあるのだ と感心しました。

    お弁当や人が集まる時の1品としてもお薦めです。

    このままでも美味しく召し上がれますが、ケチャップやグリーンチャッネなどを添えるとご馳走感が加わりますよ。

    できあがり

    画像: できあがり

    使うスパイスなど

    画像: 左から時計回り 生姜、コリアンダーパウダー、チャットマサラ、ターメリック、青唐辛子、香菜

    左から時計回り
    生姜、コリアンダーパウダー、チャットマサラ、ターメリック、青唐辛子、香菜

    材料(7個分)

    ● じゃがいも中 2個
    ● 植物油大さじ1
    ● マスタードシード小さじ1/2
    ● クミンシード小さじ1/2
    ● A
    ・ターメリック小さじ1/4
    ・コリアンダーパウダー小さじ1
    ・チャットマサラ(*)小さじ1/2
    ・レモン果汁小さじ1.5
    ・青唐辛子(生/種を除きみじん切り)2本
    ・生姜(みじん切り)大さじ1強
    ・香菜(みじん切り)大さじ3
    ・塩小さじ1

    *チャットマサラがない場合には、入れなくても大丈夫です。

    つくり方

     〈マッシュポテトをつくる〉じゃがいもを茹で、皮を剥いてボールに入れ、マッシャーで潰してマッシュポテトをつくる。

    画像1: つくり方

    上手に作るために:
    じゃがいもがホクホクした乾いたタイプの時には、牛乳大さじ1(分量外)を加えて混ぜると、成型しやすくなる。

     小さめのフライパンまたは鍋に油を入れ弱めの中火で温め、マスタードシードを加える。

     マスタードシードが弾けたらクミンシードも加え、マスタードシードの音が収まったら火からおろし油ごとマッシュポテトに加え、よく混ぜる。

    画像2: つくり方

     続けてAの材料を順に混ぜながら加えていく。

    画像3: つくり方
    画像4: つくり方
    画像5: つくり方
    画像6: つくり方
    画像7: つくり方

     塩加減を見てから、のじゃがいもを7等分に分け、丸めてから手のひらで成型し、油大さじ2(分量外)を熱したフライパンで表面がきつね色になるまで焼く。

    画像8: つくり方
    画像9: つくり方
    画像10: つくり方
    画像11: つくり方

    上手に作るために:
    • 成型したじゃがいもを焼く時には、弱めの中火で十分にフライパンを熱してからじゃがいもをのせる。
    • じゃがいもを裏返す時には、フォークを使って持ち上げるようにすると、焼き目の部分が剥がれずに上手に裏返せます。

     

    Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.


    〈料理/マバニ・マサコ 撮影/林 紘輝〉

    画像12: つくり方

    マバニ・マサコ
    インド料理・スパイス料理研究家。嫁ぎ先で継承されてきたインドのアーユルヴェーダ的考えを取り入れながら、素朴なスパイス使いと癒される味を日本の家庭に紹介している。著書に『いちから始めるインドカレー』(柴田書店)ほか。新著製作中。Instagramでは日々の料理をUP。

    ◇ ◇ ◇

    オススメのスパイス屋さん

    アンビカベジ&ヴィーガンショップ蔵前
    〒111-0051
    東京都台東区蔵前3-19-2 アンビカハウス 1F
    営業時間:11:00~20:00
    年中無休(年末年始を除く)
    都営浅草線「蔵前駅」または、都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    おいしいもの,レシピ,マバニ・マサコの本格スパイス料理,マバニ・マサコ

    This article is a sponsored article by
    ''.