• 本格的なスパイスを使って元気な体をつくりませんか。マバニ・マサコさんに、インドのスナック「パパド(パパダム)」の食べ方 を教えていただきます。
    画像: マバニ・マサコの本格スパイス料理|パパド(パパダム)

    パパド(パパダム)

    パパドは主にウラド豆の粉で生地を作り、乾燥させた塩味のスナックです。

    これはインド食材店やネットで購入できますが、このままでは食べられず、火を加えてカラッとさせてから召し上がってください。

    火の加え方は3通りありますが、ここでは一番簡単な方法2つをご紹介します。

    1つめは 電子レンジ に入れる方法、2つめは 油で揚げる方法 です。

    油で揚げると余分な塩分が飛んでより食べやすくなります。

    また コリアンダーチャッネ などをつけて召し上がるとさらに美味しくなります。

    パパドは食事の時に添えたり、またビールのおつまみにも最高です。

    つくり方(電子レンジの場合)

     電子レンジの中央に直接パパドを1枚置き、600Wで1分30秒加熱する。

    つくり方(揚げる場合)

     170度に熱した油へパパドを入れる。

     トングで中央や円周を抑えて丸まらないようにする。

     パパドにできた小さなツブツブが全体に広がったら、トングでつまんで油の上で油切りをする。

     キッチンペーパーの上に乗せて油を切る。

    *できればパパドを立てかけるとより油が切れて美味しく仕上がります。

    画像: 右が揚げたもの、左が電子レンジで加熱したもの。マバニさんのおすすめは、揚げるほう。

    右が揚げたもの、左が電子レンジで加熱したもの。マバニさんのおすすめは、揚げるほう。

    ◇ ◇ ◇

    画像: パパドを揚げる|マバニ・マサコの本格スパイス料理|天然生活web youtu.be

    パパドを揚げる|マバニ・マサコの本格スパイス料理|天然生活web

    youtu.be


    〈料理/マバニ・マサコ 撮影/林 紘輝〉

    画像: つくり方(揚げる場合)

    マバニ・マサコ
    インド料理・スパイス料理研究家。嫁ぎ先で継承されてきたインドのアーユルヴェーダ的考えを取り入れながら、素朴なスパイス使いと癒される味を日本の家庭に紹介している。著書に『いちから始めるインドカレー』(柴田書店)ほか。新著製作中。Instagramでは日々の料理をUP。

    ◇ ◇ ◇

    オススメのスパイス屋さん

    アンビカベジ&ヴィーガンショップ蔵前
    〒111-0051
    東京都台東区蔵前3-19-2 アンビカハウス 1F
    営業時間:11:00~20:00
    年中無休(年末年始を除く)
    都営浅草線「蔵前駅」または、都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分



    This article is a sponsored article by
    ''.