• 料理家の松田美智子さんに豚肉のハーブマリネソテーのつくり方を教えていただきました。ローズマリーのハーブマリネ液がしっかり染み込んだ、さわやかな風味のソテーは、オーブンで焼く以外にも、薄力粉をふって、フライパンで焼いたり、揚げたりしてもおいしく仕上がります。豚肉の肩ロースは、赤身の中に脂肪が入っているのでうま味やコクがあり、やわらかいのが特徴です。

    豚肩ロース

    画像: 豚肩ロース

    豚肉には、体の形成に欠かせない良質なタンパク質や、ビタミンB1が多く含まれています。また、脂質にはコレステロール値を上昇させない、一価不飽和脂肪酸のオレイン酸が多く含まれています。

    豚肉の脂身は、牛肉よりも加熱で溶けやすく、ヘルシーです。肩ロースと呼ばれるものは、ロースと肩肉やネックの間の部分。赤身の中に脂肪が入っているので、うま味やコクもあり、ロース肉に比べて、やわらかく調理することができます。

    豚肉のハーブマリネソテーのつくり方

    画像: 豚肉のハーブマリネソテーのつくり方

    ローズマリーとレモンのさわやかな風味の豚肩ロースソテー。

    マリネ液でしっかり下味をつけるのがポイントです。

    材料(2人前)

    ● 豚肩ロース厚切り肉2枚
    ● A
    ・塩小さじ1
    ・レモン汁大さじ3
    ・にんにくのすりおろし小さじ1/3
    ・オリーブオイル大さじ2
    ・ローズマリー2茎
    ● 白こしょう少々
    ● ローズマリー適宜
    ● 好みでレモン適宜

    つくり方

     豚肩ロースの脂に4cm間隔で切り込みを入れ、焼き縮みを防ぐ。

     を肉によく揉み込み 冷蔵庫で1時間、室温で30分置く。

    画像1: つくり方

     オーブンを220℃に予熱し、豚肉とローズマリーを焼き網にのせ、アルミホイルを被せて10分焼く。さらに、アルミホイルを外して、上火を強めにして3〜5分、香ばしく焼き上げる。

    画像2: つくり方
    画像3: つくり方

    ※ 薄力粉を振って、フライパンで焼いても、揚げてもよい。



    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像4: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇
    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    おいしいもの,レシピ,連載,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.