• via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
    料理家の松田美智子さんになすのマリネのつくり方を教えていただきました。ほんのりと漂うバジルとにんにくの香りが食欲をそそります。ジューシーに揚げたなすとフレッシュなトマトを合わせてさっぱりといただきます。

    なすのマリネのつくり方

    画像: なすのマリネのつくり方

    一晩漬けるとさらに味が染み込む。常備菜にもおすすめ。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● なす5本
    ● トマト中1個
    ● バジルの葉適宜
    ● 揚げ油適量
    ● A
    ・セミドライトマト(せん切り)大さじ1
    ・アンチョビ(みじん切り)大さじ1
    ・ナンプラー大さじ1
    ・にんにく(みじん切り)小さじ1
    ・オリーブオイル大さじ3
    ・白ワインヴィネガー大さじ2
    ● B
    ・ 塩、こしょう各少々

    つくり方

     なすは薄い塩水に15分浸して水気を絞り、余分な油を吸うのを防ぐ。ヘタを除き、厚みが均等になるよう、縦に4等分になるように切る。トマトは皮を剥き、ヘタと芯を除き、1cm大に切る。

     揚げ油を170℃に熱し、水気を丁寧に抑えたなすを揚げて、ペーパータオルで油を切る。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方

     密封容器に、なす、よく混ぜたA、ちぎったバジルの葉を順に入れ、2~3段重ねる。最後にBで味をととのえ、冷蔵庫に3時間は置き、味をなじませる。途中2回ぐらいは上下を入れ替え、味のなじみを均等にする。

    画像3: つくり方

    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像4: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)



    This article is a sponsored article by
    ''.