• 料理家の松田美智子さんに里芋のオーブン焼き味噌風味のつくり方を教えていただきました。皮ごといただけるので外はパリッとした食感に。中は味噌が馴染みホクホクとした食感を楽しめます。

    里芋のこと

    画像: 里芋のこと

    イモ類の中で特にカロリーが低く、ヘルシー。カリウムが多く、余分なナトリウムの排出を促すため、高血圧の改善に役立ちます。

    独特のぬめりは、ムチンとガラクタンという水溶性食物繊維です。ムチンは、胃の粘膜を保護して胃腸の機能を高め、ガラクタンには、腸の働きを活発にし、血糖値やコレステロール値の上昇を抑制する効果があるとされています。

    里芋の下処理の仕方

     里芋はスポンジで擦り洗いをする。強く洗いすぎず、お尻から先に向かってこすり洗いするのがポイント。洗ったら一度乾かして使う。保存するときは、ペーパータオルで包んで、ナイロンの袋に入れて冷蔵庫で保存するとよい。

    画像1: 里芋の下処理の仕方
    画像2: 里芋の下処理の仕方

    里芋のオーブン焼き味噌風味のつくり方

    画像: 里芋のオーブン焼き味噌風味のつくり方

    皮ごと焼くことによって香ばしい香りが堪能できて栄養価も抜群。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● 里芋(皮ごと縦半分に切る)4個
    ● オリーブオイル大さじ2
    ● A
    ・ 味噌大さじ1
    ・ 酒大さじ2
    ・ オリーブオイル大さじ2
    ・ 白胡椒少々

    つくり方

    1 下処理した里芋にオリーブオイル大さじ2を絡めて、オーブンの焼き網に、切り口を上にして並べる。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方

     オーブンの予熱を250℃にして、オーブンに入れ、5分焼いたら、合わせたAを、切り口にのせる。さらに5〜7分焼く。

    画像3: つくり方
    画像4: つくり方

    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像5: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.