• 本格的なスパイスを使って元気な体をつくりませんか。マバニ・マサコさんに、バターでつくるインドの万能油 「ギー」のつくり方 を教えていただきます。

    ギーのつくり方

    画像: ギーのつくり方

    材料

    ● 無塩バター1箱

    つくり方

     バターの長さが楽に入る大きさの鍋を用意する。(できれば厚手の鍋がよい)

     バターを鍋に入れごく弱火で温めバターがゆっくりと溶けるようにする。

    画像1: つくり方

     のバターが完全に溶けたら火を弱めの中火にする。

    画像2: つくり方

     しばらくすると表面に白い小さな泡の層ができパチパチと音がしてくる。

    画像3: つくり方

     焦がさないように数分そのままにしておくと大きな泡になる。

    画像4: つくり方

     やがて大きな泡は小さな泡へと変わって、溶けたバターの色も透明から蜂蜜色になり、パチパチした音も消え始める。

    画像5: つくり方
    画像6: つくり方

     表面に浮かんだ白い泡が沈み始めたら火からおろし、粗熱が取れるのをまつ。

    画像7: つくり方
    画像: ギーのつくり方。バターでインドの万能油をつくる ~火にかけたバターの様子|マバニ・マサコの本格スパイス料理 youtu.be

    ギーのつくり方。バターでインドの万能油をつくる ~火にかけたバターの様子|マバニ・マサコの本格スパイス料理

    youtu.be

     ボールにザルをかけキッチンペーパーを敷いて濾す。

    画像8: つくり方
    画像9: つくり方

     常温になったら加熱殺菌した容器に入れ蓋をして保存する。

    画像10: つくり方

    * 保存は常温でもできるが冷蔵庫で保存したい場合には、使う少し前に常温におくか軽く温めてから使う。2週間ほど保存可能。

    * 寒くなると固まってくるので、上記と同様に使用する。

    * バターによって水分が多くパチパチと跳ねる場合には、火加減を調節しながら同様に仕上げる。

    Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.


    〈料理/マバニ・マサコ 撮影/林 紘輝〉

    画像11: つくり方

    マバニ・マサコ
    インド料理・スパイス料理研究家。嫁ぎ先で継承されてきたインドのアーユルヴェーダ的考えを取り入れながら、素朴なスパイス使いと癒される味を日本の家庭に紹介している。著書に『いちから始めるインドカレー』(柴田書店)ほか。新著製作中。Instagramでは日々の料理をUP。

    新刊『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理』amazonで見る が発売中。

    * * *

    『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』(マバニ・マサコ/著)|amazon.co.jp

    『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』(マバニ・マサコ/著)

    『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』(マバニ・マサコ/著)|amazon.co.jp

    amazon.co.jp

    ◇ ◇ ◇

    オススメのスパイス屋さん

    アンビカベジ&ヴィーガンショップ蔵前
    〒111-0051
    東京都台東区蔵前3-19-2 アンビカハウス 1F
    営業時間:11:00~20:00
    年中無休(年末年始を除く)
    都営浅草線「蔵前駅」または、都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    おいしいもの,レシピ,マバニ・マサコ,連載,マバニ・マサコの本格スパイス料理

    This article is a sponsored article by
    ''.