• 料理家の松田美智子さんによもぎのごまあえのつくり方を教えていただきました。春の山菜のよもぎを香ばしいごまと合わせた、栄養満点のごまあえ。朝のひと皿やお弁当にもうれしい一品です。

    よもぎのごまあえのつくり方

    画像: よもぎのごまあえのつくり方

    よもぎは和菓子の印象が強いですが、おかずにも使いやすい食材です。

    素材の風味を生かしたシンプルな味付けのごまあえ。フレッシュでさわやかなよもぎの後味を楽しめます。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● よもぎ100g
    ● 塩少々
    ● 金ごま(から炒りする。白ごまでも可能)大さじ3
    ● A
    ・だし汁大さじ3
    ・三温糖大さじ1
    ・米酢大さじ1
    ● 薄口しょうゆ大さじ1弱

    つくり方

     沸騰したたっぷりの湯に塩を加え、よもぎをさっとゆでる。冷水にとり5分つけたら、軽くしぼり、一口大に切りそろえる。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方

     すり鉢に炒った金ごまを入れ、5分ずりにする。Aを合わせ、味をみて薄口しょうゆを加えたら、よもぎをあえる。

    画像3: つくり方
    画像4: つくり方

    よもぎのこと

    画像1: よもぎのこと

    「よもぎ」はキク科の多年草。河原や田畑、庭先などに自生し、道端でもよく見かけるハーブです。食用では春先に、若葉を摘んでゆでてから草餅や草団子にすることから、別名で「モチグサ」と呼ばれることもあります。旬は3~5月頃。和菓子のほか、天ぷらやおひたしなど、さまざまな料理で独特の香りと味覚を楽しむことができます。

    食用以外では、「モグサ」として鍼治療のお灸に、また漢方では「艾葉(がいよう)」として止血薬などにも用いられます。抗菌作用・デトックス効果が高いことから、アトピー性皮膚炎やダイエットにも効果があるといわれ、葉を湯船に入れて体をあたためるなど冷え対策にも利用されています。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像2: よもぎのこと

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.