• 料理家の松田美智子さんにスイートポテトのつくり方を教えていただきました。たっぷりかけたシナモンの風味が、さつまいもの甘味と好相性のデザートです。

    さつまいものこと

    画像: さつまいものこと

    秋の味覚として人気のさつまいもは、ビタミンC食物繊維などの栄養素が多く、肌や腸内環境を整えるのにおすすめの食材です。

    現在日本で栽培されているさつまいもは60種類ほどあるといわれ、代表的な品種は安納芋、べにはるか、鳴門金時などがあります。種類によって、ねっとり系、しっとり系などの食感や甘みに違いがあるので、好みや食べ方に合わせていろいろな種類を試してみてください。

    上手な選び方は、皮にハリがあり、形がよく傷が少ないものを選ぶことです。また、皮の表面に出る黒い部分は「ヤラピン」という整腸作用があるさつまいも特有の栄養成分で、多いほど糖度が高くおいしいさつまいもといわれています。

    さつまいもの下ごしらえの仕方

    料理にもデザートにも活躍するさつまいも。あらかじめ蒸しておけばさまざまな料理に使え、調理時の手間を省けます。

    材料(つくりやすい分量)

    ● さつまいも2kg
    ● 水さつまいもがかぶる量
    ● 塩適量(水に対して2%程度)

    つくり方

    薄い塩水に、さつまいもを皮ごと30分つける。蒸し器に入れ、中火で20分蒸す。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方

    スイートポテトのつくり方

    画像: スイートポテトのつくり方

    しっとり、ほくほくの、皮ごと食べられるスイートポテト。さつまいもは種類によって糖度が違うので、素材の甘味をみて砂糖、生クリームなどの量を調整するのがおすすめです。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● 蒸したさつまいも800g
    ● 三温糖1/2カップ(さつまいもの甘みによって調整する)
    ● 生クリーム1カップ
    ● バター大さじ3
    ● シナモンパウダー適宜
    ● 卵黄1個分

    つくり方

     蒸したさつまいもを熱いうちに半分に切り、スプーンでくり抜く。皮はとっておく。

    画像3: つくり方

     のさつまいもをボウルに入れ、木べらでつぶす。大きなかたまりがなくなったら、バター、砂糖、生クリームを加え、混ぜながら生クリームを吸わせてペースト状にする。粒の粗さは好みで調整する。焼くと水分が抜けるので、水分が少し多めの状態がよい。

    画像4: つくり方
    画像5: つくり方
    画像6: つくり方

     皮にを均等にのせる。茶こしでシナモンを好みの量にふり、はけで卵黄を表面にぬる。200℃に予熱したオーブンで焼き目がつくまで10~15分焼く。

    画像7: つくり方
    画像8: つくり方
    画像9: つくり方

    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像10: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.