• 料理家の松田美智子さんにさつまいものグラタンのつくり方を教えていただきました。さつまいもの下ごしらえをしておけば、グラタンも簡単に。秋にうれしい満足感のあるごちそうです。

    さつまいもの下ごしらえの仕方

    料理にもデザートにも活躍するさつまいも。あらかじめ蒸しておけばさまざまな料理に使え、調理時の手間を省けます。

    材料(つくりやすい分量)

    ● さつまいも2kg
    ● 水さつまいもがかぶる量
    ● 塩適量(水に対して2%程度)

    つくり方

    薄い塩水に、さつまいもを皮ごと30分つける。蒸し器に入れ、中火で20分蒸す。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方

    さつまいものグラタンのつくり方

    画像: さつまいものグラタンのつくり方

    チーズとクリームたっぷりの濃厚なホワイトソースと、さつまいものやさしい味わいがよく合うグラタン。ケイパーの塩けがアクセントになっています。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● 蒸したさつまいも400g
    ● 牛乳1カップ
    ● 三温糖大さじ1/2
    ● ケイパー大さじ1
    ● 卵(溶きほぐす)1個分
    ● ナチュラルチーズ1/2カップ
    ● パルメザンチーズ適宜
    ● 塩、こしょう各少々

    つくり方

     さつまいもは熱いうちに皮をむいて輪切りにする。ボウルに入れ、砂糖を加えて木べらでつぶす。砂糖の量はさつまいもの味をみて調整する。

    画像3: つくり方
    画像4: つくり方

    ※さつまいもは、やわらかめに蒸したものを使ったほうがなめらかに仕上がる。

     卵と牛乳を混ぜ合わせ、に加えたら、木べらでつぶしてなめらかにする。全体が混ざったら、塩、ケイパーを入れ、ナチュラルチーズとこしょうを加える。

    画像5: つくり方
    画像6: つくり方
    画像7: つくり方

    ※ケイパーは酢漬けのものより塩漬けのものを使うほうがグラタンに合う。

     をグラタン皿に入れ、上にパルメザンチーズをかける。水分が足りなければ牛乳(分量外)を加えてもよい。220℃のオーブンで10分、表面がこんがりするまで焼く。

    画像8: つくり方
    画像9: つくり方

    さつまいものこと

    画像1: さつまいものこと

    秋の味覚として人気のさつまいもは、ビタミンC食物繊維などの栄養素が多く、肌や腸内環境を整えるのにおすすめの食材です。

    現在日本で栽培されているさつまいもは60種類ほどあるといわれ、代表的な品種は安納芋、べにはるか、鳴門金時などがあります。種類によって、ねっとり系、しっとり系などの食感や甘みに違いがあるので、好みや食べ方に合わせていろいろな種類を試してみてください。

    上手な選び方は、皮にハリがあり、形がよく傷が少ないものを選ぶことです。また、皮の表面に出る黒い部分は「ヤラピン」という整腸作用があるさつまいも特有の栄養成分で、多いほど糖度が高くおいしいさつまいもといわれています。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像2: さつまいものこと

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.