• 料理家の松田美智子さんに鶏もも肉のグリルのつくり方を教えていただきました。見た目も華やかで手軽につくれるので、夕食の主役やお酒のおつまみにうれしい一品です。

    鶏もも肉のグリルのつくり方

    画像: 鶏もも肉のグリルのつくり方

    皮つきのままオーブンでこんがり焼いた鶏もも肉のグリル。

    焼き上がった鶏肉は熱々で食べるより少し熱をとったほうが、皮がパリッと仕上がりおいしくいただけます。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● 鶏もも肉1枚
    ● A
    ・塩小さじ1.5~1
    ・酒大さじ2
    ● しし唐辛子適宜
    ● ごま油適宜
    ● 塩適宜

    つくり方

     鶏肉は余分な脂を除き、皮の上から串などで数か所穴をあける。とくに、皮の脂の多い部分にしっかりと穴をあける。合わせたAを鶏肉にかけて10分ほどおき、下味をつける。

    画像1: つくり方

     ししとうはへたを切り落とし、串などで数か所穴をあけ、軽く塩をしてごま油をかける。

    画像2: つくり方
    画像3: つくり方

     をグリルに皮を上にしてのせ、240℃に予熱したオーブンで10分焼く。のししとうを加え、さらに3分焼く。火を止めて余熱で5分ほど火を通す。

    画像4: つくり方
    画像5: つくり方

    鶏もも肉のこと

    画像1: 鶏もも肉のこと

    鶏のももから足にかけての部位である「鶏もも肉」は、筋肉質で、火を通すと弾力があり、ぷりぷりとした食感になる人気の部位です。唐揚げや照り焼き、煮物など、さまざまな料理に使われています。

    あっさりした味わいが特徴のむね肉に比べ、もも肉はジューシーでコクのある味わいが特徴。肉特有のおいしさが味わえ、良質なたんぱく質や鉄、ビタミンAなどの栄養素も含まれています。

    皮つきのもも肉は、脂質の量が多くカロリーは高めです。皮を取り除くことで脂質の含有量が抑えられ、低脂質、高たんぱくな食材になります。パリッと焼けた皮の風味を楽しみたいときは皮つきのもも肉を、脂質の摂取量を抑えあっさりと楽しみたいときには皮なしのもも肉を選ぶのがおすすめです。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像2: 鶏もも肉のこと

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.