• 料理研究家の松田美智子さんにカリフラワーのスープグラタンのつくり方を教えていただきました。生クリームとクリームチーズで、ベシャメルソースをつくらなくても濃厚なグラタンに。焼き時間を加減してお好みのソースの濃度に仕上げてください。

    カリフラワーのスープグラタンのつくり方

    画像: カリフラワーのスープグラタンのつくり方

    スープほどのゆるさに仕上げて、パンを浸して食べてもおいしい。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● カリフラワー1/2房
    ● チキンスープ約1カップ(加減をみる)
    ● A
    ・ 生クリーム1カップ
    ・ クリームチーズ1/4カップ
    ・ 白こしょう少々
    ・ パルメザンチーズ1/4カップ

    つくり方

     オーブンウェアにバター適量(分量外)を塗り、小房に分けたカリフラワーを入れる。

    画像1: つくり方

     ボウルにAを入れ混ぜる。このとき、クリームチーズが塊で残っていてもいい。カリフラワーがひたひたになるくらいの量になるよう、チキンスープを加減しながら加え、に注ぐ。

    画像2: つくり方
    画像3: つくり方

     200℃のオーブンで、20分焼く。お好みの濃度になるまでさらに焼く。

    画像4: つくり方
    画像5: つくり方

    カリフラワーのこと

    画像1: カリフラワーのこと

    アブラナ科の植物で、白くこんもりとした花蕾と太い茎を食します。ビタミンCが豊富で低カロリー、女性にはうれしい食材です。

    花蕾のほろほろとした食感と淡い甘みが特徴で、ゆでるだけでなく、生でも焼いてもおいしく、さまざまな味付けに合います。11月〜3月ごろまでが旬なので、いろいろな調理方法でいただきましょう。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司 取材・文/村上有希〉

    画像2: カリフラワーのこと

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    * * *

    別冊天然生活『5つの調理法で大人の料理バイブル100』(松田美智子・著)

    画像: カリフラワーのスープグラタン|松田美智子の季節の仕事

    amazonで見る

    「今日何つくろう?」とお悩みのあなたへ。

    天然生活webにて連載中の「松田美智子の季節の仕事」より人気レシピを集めました。

    混ぜる/煮る/漬ける/焼く/揚げるの5つの調理法で100品を紹介。

    少ない材料でつくりやすい、毎日の食卓に役立つ1冊です。

    * * *

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    本誌プレゼントへのご応募はこちら

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.