• ポケットを付けたり、手を入れるバンドを付けたり……。本を包んで保護するという本来の用途に、楽しい機能をプラスしたブックカバーたち。手づくりだからこそアレンジできるアイデアが満載です。今回は「バッグタイプのブックカバー」のつくり方をご紹介いたします。
    (『天然生活』2017年9月号掲載)

    バッグタイプ

    画像: 本を読むときに、横向きになってしまうポケット。中に入れたものが落ちにくいよう、フラップ付きに

    本を読むときに、横向きになってしまうポケット。中に入れたものが落ちにくいよう、フラップ付きに

    持ち手を付け、バッグのように持ち歩ける形に。A5サイズの本の大きさで、本の表紙と裏表紙を折り返しに入れて装着するタイプです。

    本の開く側をスナップで固定できるので、持ち運ぶときにも、バサバサと本が開くことがありません。

    これだけを持って出かけられるよう、小銭や鍵などを入れられるポケットも付けました。

    How to make

    *製図、つくり方のなかの数字の単位はすべてcm(センチメートル)です。
    *用尺は、縫いしろを含んでいます。縫いしろやパーツの付け位置は、つくり方を参考にしてください。

    材料

    • 外カバー(薄手キャンバス) 53cm幅 23.5cm
    • 内カバー(薄手リネン) 34cm幅 23.5cm
    • 持ち手(薄手キャンバス) 6cm幅 24cmを2本
    • 外フラップ(薄手キャンバス) 17.5cm幅 6cm
    • 内フラップ(薄手リネン) 17.5cm幅 6cm
    • ポケット(薄手キャンバス) 17.5cm幅 11cm
    • タブ(薄手キャンバス) 6cm幅 9cm
    • スナップ 直径1.2cm幅を1組

    *購入するときの用尺の目安
    薄手キャンバス 85cm幅 30cm
    薄手リネン 55cm幅 25cm

    でき上がりサイズ

    広げて33×21.5cm(A5サイズの本用)

    画像: でき上がりサイズ

    つくり方

    1. イラストを参考に、ポケット、フラップ、持ち手、タブをつくる。

    ポケット

    画像1: つくり方

    フラップ

    画像2: つくり方

    持ち手

    画像3: つくり方

    タブ

    画像4: つくり方

    2. 外カバーの両脇端を三つ折りし、縫う。イラストを参考にして、1のすべてを外カバーに縫い付ける。

    画像5: つくり方

    3. 内カバーの両脇端を折り、縫う。イラストを参考にし、外カバーの両脇を折って、内カバーを中表に合わせ、縫う。

    画像6: つくり方

    4. 3で縫い残した部分から表に返し、アイロンで形を整え、スナップをまつり付ける。

    画像7: つくり方

    <作品デザイン・制作/青木恵理子 撮影/滝沢育絵 スタイリング/前田かおり イラスト/沼本康代>

    青木恵理子(あおき・えりこ)
    服飾系専門学校を卒業後、アパレルメーカー、雑貨店勤務を経て、1996年から手芸作家として活動を始める。書籍や雑誌などでの作品発表、手作り教室の開催、雑貨店への卸し、個展など、多方面で活躍中。センスの光る素材選び、シンプルで使い勝手の良いデザイン、完成度の高いものづくりに定評がある。
    著書に「大人デザインのバッグと小もの」(主婦の友社刊)、「麻ひもバッグ 基本の「き」+デザインいろいろ」(日本ヴォーグ社)他多数。
    ホームページ
    https://erikoaoki.jp
    インスタグラム
    https://www.instagram.com/erikoaoki.cloudy/

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.