• vol.1 いちごのショートケーキ
    お菓子はほとんど手づくりするという、はなさん。何度もつくっている、とっておきのレシピを教えてもらいます。毎月30日更新。

    hana’s memo

    連載1回目ということで、友達や家族のお誕生日につくる定番のショートケーキをご紹介します。お菓子の中でもショートケーキの土台となるスポンジ生地の作り方を聞かれることが多く、先日はハワイに住んでいる友達からも「一緒に作りたい!」と、うれしいリクエストをいただきました。

    ちょっぴりハードルが高いイメージがあるスポンジケーキですが、粉&砂糖「90g」、卵「3個」、バター&牛乳「大さじ3」で世界中、いつでもどこでもパパッとおいしいショートケーキがつくれるよう、レシピと材料はシンプルにしました。

    スポンジ生地にきび砂糖を使っているので、見た目はほんのりキャラメル色。きび砂糖の甘さとカロリーは白砂糖とほぼ同じですが、血圧を下げる効果があるカリウムなど、ミネラル成分が豊富です。

    私はきび砂糖のこっくりした味が好きで、焼き菓子にはよく使っています。スポンジ生地の色と味に合わせて、生クリームはハワイで購入したはちみつで味付けしました。こちらも「大さじ3」。味を見ながら、甘さは調整してくださいね。

    画像: はなのお菓子|いちごのショートケーキ

    ケーキ屋さんに並ぶショートケーキよりも一見、ワイルドですが(笑)自分が好きな味を目指して作った、基本のショートケーキ。できたてはふんわり。冷蔵庫で冷やせば、しっとりとした食感が楽しめますよ。

    いちごのショートケーキ

    画像: いちごのショートケーキ

    材料(18cmの底が抜ける丸型1台分)

    <スポンジケーキ>

    ● 薄力粉90g
    ● きび砂糖90g
    ● 卵(大きめ)3個
    ● バター(食塩不使用)大さじ3
    ● 牛乳大さじ3

    <シロップ>

    ● きび砂糖大さじ1
    ● 水大さじ3

    <デコレーション>

    ● いちご好みの量
    ● 生クリーム(乳脂肪分47%のもの)200ml
    ● はちみつ大さじ3

    下準備

    ・卵と牛乳は室温に戻す。

    ・薄力粉はふるいにかける。

    ・バターは湯せんで溶かし、冷ます。

    ・オーブンは180℃に予熱する。

    ・型の底と側面に合わせて切ったオーブンシートを型に敷き込む。

    ・シロップの材料を合わせる。

    ・いちごを洗う。ヘタを切り落とし、飾る分を残し、生地に挟む分は3mmくらいにスライスする。キッチンペーパーにいちごを並べ、しっかり水分を抜く。

    つくり方

     スポンジケーキをつくる。卵をひとつずつ、小さめのボウルに割り入れる。カラザを取り除いたら、大きめのボウルに移す。

     に砂糖を加え、湯せん(*)にかけながら電動ハンドミキサーでもったり(**)するまで泡立てる。生地が人肌に温まったら、ボウルをお湯から外す。

    *湯せん=42〜45℃のお湯を入れたボウルに、(生地が入った)ボウルの底をあてる。生地を湯せんにかけながら泡立てることによって、砂糖が溶ける。

    **ミキサーから落ちる生地で「の」の字を描いてみる。生地に竹串を刺し、しっかり立つことを確認する。

     にバターと牛乳を加え、泡立て器で生地に混ぜ込む(このときから電動ハンドミキサーを泡立て器に持ち替える)。

     薄力粉を一度に加える。生地の「もったり感」を消さないように、ボウルを回しながら、泡立て器で粉を混ぜていく。底から生地をすくい上げ、泡立て器の持ち手をボウルの縁に「とんとん」と、軽く叩きながら粉を落とし、ダマを消すように混ぜる。

     粉が消えたら、型に流し込む。型を高い所から2~3回、落とし、空気を抜く。

    [はなよりひと言]
    小さめのケーキをつくりたかったので、写真は15cmの型を使って焼きました。生地が余るので、残りは12cmの型に入れ、同時に焼きます。友達にも贈りやすいサイズに仕上がりますし、重ねて2段ケーキにすることも可能です。

     180℃に予熱したオーブンで15分ほど焼いてから、170℃で5分ほど焼く(電気オーブンの場合)表面が薄茶色に変わり、竹串を刺しても生地が付いてこないことを確認する。

     焼けたら型からはずし、オーブンシートを取り除き、表面を下に向け、オーブン用の網で冷ます 。

     完全に冷めたら、スポンジケーキを厚さ半分に切り、両方の断面にシロップを塗る。

     はちみつを加えた生クリームを七分立てに泡立てる。電動ハンドミキサーを使うと泡立て具合がわからなくなるので、必ず泡立て器を使う。

    10 下側のスポンジ台のシロップを塗った側に、ヘラで生クリームを塗り広げる。スライスしたいちごをバランスよくのせ、さらに生クリームを塗り広げる。もう半分のスポンジ生地を、シロップを塗った面を下にしてのせる。

    11 スポンジケーキの表面と側面に生クリームを塗り広げ、最後にいちごでデコレーションする。


    画像: つくり方

    はな
    モデル・タレント。神奈川県横浜市出身。17才からモデル活動を始める。現在は、ファッション誌で活躍するかたわら、FMヨコハマ「Lovely Day♡〜hana金〜」のナビゲーターや、日本テレビ「夢の通り道」のナレーションも務めるなど、幅広く活躍している。趣味はお菓子づくりや茶道、仏像鑑賞。著書に『はな、茶の湯に出会う』(淡交社)、『hana’s style book』(宝島社)、『ちいさいぶつぞう おおきいぶつぞう』(幻冬舎)、『おくるおかし』(集英社)など。朝日新聞デジタル&TRAVEL「はなのたびたび旅日記」連載中。
    Instagram:https://www.instagram.com/hanalovestaco/


    This article is a sponsored article by
    ''.